ENGINE WEB

CAR 2020.6.6 

「ポルシェをデザインする仕事」第6回/山下周一 (スタイル・ポルシェ・デザイナー) 独占手記

特集トップへ

クルマのデザインはエクステリアとインテリアだけでは終わらない。その間に入るグレー・ゾーンにも、スタイル・ポルシェは力を注いでいる。

初代カイエンのV8エンジンのスケッチ。当時のヴィーデキング社長の要望で、普段は重要視されないエンジンのスタイリング開発にも多くの予算が割かれたという。インテーク・マニホールドやターボのインテーク・ダクト、エンジン・マウント・アームなどすべて紛れもない機能部品であるにもかかわらず、非常に美しくデザインされている。

第6回「グレー・ゾーンをデザインする。」

スタイル・ポルシェというのは通称で、正式名称はポルシェA.G.スタイリング開発部。ドイツ語だとEntwicklung Stylingとなる。

前にもスタイル・ポルシェについては紹介したが、よりポルシェを深く知ってもらうために、今回、多少 付け加えたい。以前も書いたように、スタイル・ポルシェも一般の自動車会社と同じようにエクステリア、イ ンテリア、カラー&トリムと大きく3つのデザイン部門に分かれている。

しかし、興味深いのはエクステリアとインテリアの狭間をデザインするグレー・ゾーン・デザインがあることだ。部署として独立しているわけではないのだが、専門にデザインするチームがある。エクステリア・デザインでもなく、インテリア・デザインでもない。どちらかといえば、お互いそっちの仕事でしょ! と押し付け合いをするような場所をデザインする仕事である。

エンジン・フードを開けた時に一番に目に飛び込んでくるエンジン・カバーであるとか、ドアを開けた時に目にするキック・プレート、リア・ゲートを開けると出てくるローディング・プレートやリア・ライトのモールなどを専門にデザインする。普段目にしない場所であるからと言って決して手を抜かない。たまにしか見られないからこそ、それこそ全力を注いでデザインするのである。

たとえば、初代カイエンのV8エンジン(のカバー)は、個人的に非常に好きなデザインである。大きなフードを開けると、シンプルで無駄なケーブルやナット一つ見えないエンジン・ベイが目に入る。エンジン周りは注意深くカバーされていて、何の部品かわからないパーツや配線は極力隠されている。

その真ん中に鈍い光沢を放つシルバーのV8エンジンが鎮座する。中心には黒く塗装され有機的に絡み合った8本のインテーク・マニホールド・チューブ。その左右にレイアウトされたシルバーのバルブヘッド・ブロック。その内の一つは力強いメタル製のアームによって車体と繋がれている。フロント部分は綺麗なYの字にデザインされたエア・インテーク・チューブと繋げられ、サービス用の黒いキャップが左右にレイアウトされる。その間にはオイルゲージの黄色いフックが見える。ポルシェの有機的な部分と機械のメカニカルな部分が非常にうまく融合している。こう言っては何だが初代カイエンで一番好きな部分である。これぞまさにザ・ジャーマン・プロダクトと呼ぶにふさわしい優れたデザインだと思う。

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ