ENGINE WEB

CAR 2020.5.15 

「ポルシェをデザインする仕事」第3回/山下周一 (スタイル・ポルシェ・デザイナー) 独占手記

初回から読む

スケッチ・レヴューを経て、プレゼンテーションへ。スケール・モデルが作られ、徐々に候補が絞られていく。

入社後、比較的初期に携わったプロジェクトのひとつ、997スピードスター。997をベースに専用アルミ製トノーカバー、キャンバスルーフを備える。初代3 56スピードスターにちなんで356台のみの販売で、日本にはわずか6台が割り当てられた。クーペの2+2シートは完全に2シーターとなり、その代わりトノーカバーの下には比較的大きなストレージが備わる。

第3回「原寸大モデルができるまで。」

前にも書いたように、スケッチが始まると定期的にスケッチ・レヴューがある。2006年当時、私はまだ手描きのスケッチをコピーして張り出していた。配属されたスタジオ4の壁には元々フルサイズ・テープ・ドローイング用に作られた縦2m×横5m程もある真っ白いスライディング・ボードがあり、そこにデザイナー達が描いたスケッチを張るようになっていた。ボードは2枚重ねで、1面が一杯になるとスイッチ一つでその大きなボードがブイーンと音を立てながら上部に移動し、2面が現れる。必要ならば上下を入れ替えることもできるようになっていた。ボードは私の席のすぐ後ろにあったので、好きな時に貼ったり剥がしたりできた。

そういえばアートセンターの学生時代には教室で自分の作品を貼るための場所取りのために人より早く学校に行ったものだ。でも必ず一人、二人は先に来ていて熾烈な場所取り競争が繰り広げられた。特に大きな作品を貼る時には場所取りは 死活問題で、下手をするとせっかく徹夜で描いた作品が貼れない事態が発生することもあった。みんな必死なので誰も場所を譲ってくれない。少なくとも私は譲ったことなど無かった! さすがにポルシェではそんな事態は起こらなかったが......。

レヴューの時間になるとチーフ・デザイナー、またはデザイン部長が個々のスケッチを眺めて行く。デザイナー達も一緒に同僚の描いたスケッチを見て回る。自分の番になるとスケッチやアイデアの説明をして、それに対して同僚もいろいろ好き勝手に意見を言ったりする。レヴューは進捗状況を見る要素が強いのでカジュアルな雰囲気で、ボス陣も良いこと悪いことをあれこれ言ったりしてフランクに行われる。

だが、節目節目のプレゼンテーションは、もっとフォーマルに行われる。そこではなんらかの選択、選別が行われるので真剣になるのは当然である。内容以外の不公平感を排除するため、同じフォーマットに合わせた大きなポスターを各自コンピューター内で作り、そこに自分のデザイン・テーマが良くわかるように厳選して数枚のスケッチをレイアウトする。それらのポスターは、大きくプリントアウトされ綺麗に片付けられた静かな部屋に整然と飾られ、部屋の中はある種の緊張感に包まれる。

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ