ENGINE WEB

CAR 2020.5.9 

「ポルシェをデザインする仕事」第2回/山下周一 (スタイル・ポルシェ・デザイナー) 独占手記

初回から読む

「ユー・キャン・スタート・スケッチング・ニュー911」。 ボスのこの一言から、山下氏のポルシェでの仕事が始まった。

911で最も大事な部分、顔。丸でありながら立体的に3D化されたヘッドライト。よく見るとバンパーの分割線がヘッドライト内部のエレメントに視覚的に繋がっている。サイド・インテークはポジショニング・ライトとグラフィックスが繋がっており、なおかつコーナーに 配置することによって全体的にモダンに見える。

第2回「新しい911に必要な要素を探る。」

前回にも書いたように、私が入社した2006年当時のスタイル・ポルシェは、ヴァイザッハ研究所のシックスカンテ(六角形)ビルの中にあった。スタイル・ポルシェの入り口にはシュロイゼと呼ばれるガラスに囲まれたデザイン部専用セキュリティ・ボックスがあり、ここを1人ずつ通過する必要がある。どういう仕組みかは知らないが、これがなかなかの曲者で、2人で入ることはもちろん、ちょっと大きな荷物を持っていたり、ボックスの真ん中に立っていないと、「確認できません。すぐに一旦出てまた再度入室してください」とドイツ語のメッセージが流れ、運が悪いと何度もそれを繰り返すことになるのだった。

スタジオに入るとまず出迎えてくれるのが4メートル以上はある真っ赤なカウンターとその背後にあるライブラリーだ。カウンターに向かって左にミーティング・ルームと秘書室、その奥にはボスであるマウアーのオフィスがあり、右側には各スタジオに繋がる通路がある。私の所属するスタジオ4は、廊下の突き当たりにある一番大きな部屋だ。入り口の磨りガラスの扉には見慣れたポルシェ筆記書体で書かれたStudio 4の文字。部屋は長方形で、その長い辺の両サイドにデザイナー達が座り、中央には定盤が置かれている。 

出勤初日、まずはボスに連れられて、新しい同僚たちに挨拶をして回った。ドイツらしくしっかりと握手をし、二言三言交わしながら全員に紹介してもらう。中には学生時代に一緒に学んだ人や、前の職場の同僚だった人もいて、真新しい職場とはいえチョット懐かしい感じもあった。一通り挨拶を終えて部屋の隅に用意されていた自分の席に戻ると、そこにはドイツ版新入社員スターター・キットらしいポルシェワッペンの付いた真っ白な分厚いファイル、それにスケッチ・パッドとボールペンが置いてあり、もうすぐにでも仕事を始められる状態であった。ふと目の前を見ると、そこには開発後期に入った初代パナメーラのクレイ・モデルが鎮座しており、ミリングマシンが静かにそのアームを動かしていた。

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ