ENGINE WEB

WATCH 2020.4.8 

ENGINE編集部が選ぶ、2020年新作時計|シチズン

CITIZEN/金箔入り和紙ダイアルで和の美も極まれり

2020年の幕開けを飾るシチズンのハイライトは、なんといっても高品質を誇る代表モデル「ザ・シチズン」の25周年記念モデルだ。4半世紀の節目を祝うこのモデルの特別仕様がこれまたインパクト絶大。土佐和紙に金沢金箔を施したダイアルはいかにも慶事にふさわしい雅な表情を湛え、スーパーチタニウムのケースに施されたデュラテクトゴールドの色がさらに和の美を引き立てる。日本の伝統工芸とケース素材やエコ・ドライブムーブメントのハイテクが調和して、またとない世界を展開している。

ザ・シチズン 25周年記念限定モデル

正確な時刻表示、見やすさ、その使命の維持をテーマにして1995年に誕生した「ザ・シチズン」の25周年記念モデルは、さらに和の美を追求。年差±5秒の高精度エコ・ドライブと、キズがつきにくく美しい輝きを保つスーパーチタニウムも、まさにシチズンの独自技術を語る代名詞だ。ケース直径38.3mm、10気圧防水。500本限定。税別35万円。

 

シチズン プロマスター エコ・ドライブGPS衛星電波時計 ダイバー200m

この新作は、世界初のISO規格200mに対応した光発電GPS衛星電波時計。フル充電では光がないところでも約7年動き続ける長時間駆動や衛星電波受信機能をオフにするダイブモード機能など、実際に役立つ特色が充実。スーパーチタニウム、ケース直径47mm、200m防水。税別15万円。5月発売予定。

時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

これまでのホワイトやブルーに続いて、金箔和紙ダイアルが登場するとは、まったくの予想外。千年の歴史を持ち世界でも最も薄いとされる土佐和紙の上に舞い散る金箔の繊細な美しさは比類なく、これぞ日本のメティエダール。日本好きの外国人にもぜひ見てほしい。

ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

昨年の電波搭載に続き、今度は世界初の光発電エコ・ドライブGPS衛星電波のダイバーズを発表したシチズン。メーカーのこだわりが色濃く反映されたダイバ ーズウォッチは、防水に加えていつでも正確、しかも光発電。ある意味、実用時計として最強かも。

文=菅原 茂(時計ジャーナリスト)/前田清輝(ENGINE編集部シニア・エディター[時計担当])
(ENGINE2020年5月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

WATCH トップへ