ENGINE WEB

TOPICS 2020.3.26 

ENGINE5月号発売! 2020年、金メダル級スポーツカー、続々登場!

2020年を前にした昨年暮れ、1台のスポーツカーが彗星のごとく現れて、日本でのデビューを飾った。その名は、ダラーラ・ストラダーレ。
レーシング・カーの世界では、今や世界を席巻したと言ってもいいほどの活躍ぶりを見せるイタリアのシャシー・コンストラクターが手がけた初の市販ロード・カーだ。

フル・カーボン・ボディのミドシップに400馬力の直4ターボを搭載し、
見た目はもちろん、動力性能でも0-100㎞ /h加速3.25秒というレーシング・カーさながらの速さを誇るこのロード・カーには、なんとドアさえ付いていない。
それどころか、フロントのウインド・シールドやルーフまでもがオプション扱い。
あくまでも走りに焦点を絞って開発された文字通りのピュア・スポーツカーなのだ。
近い将来、自動運転と電気自動車の時代がやって来るのは間違いないにしても、だからと言って、それで走る楽しみがすべて消えてしまうわけでは、もちろんない。

見渡せば"いま・ここ"にもたくさんのスポーツカーがあり、今年も新型が続々と登場する。
ダラーラを筆頭に、今年、ぜひとも金メダルをさずけたい飛び切り魅力的なアスリートたちを集めて、スポーツカー特集を組むことにした。

彗星のごとく登場したダラーラ・ストラダーレからミドシップになった新型シボレー・コルベット、6気筒復活のポルシェ718ケイマン&ボクスターGTS4.0まで。

2020年、金メダル級スポーツカー、
続々登場!

1.ダラーラ・ストラダーレに初試乗!
2.ロータス・エリーゼとアルファ・ロメオ4Cにも乗ってみた
3.アストンマーティン・ヴィンテージに加わった7段MTに乗る
4.992型のベーシック・モデル、ポルシェ911カレラに国内初試乗
5.フェラーリのフラッグシップ、812スーパーファストはやっぱりスゴイ
6.いよいよ最後となった、マセラティ・グラントゥーリズモのMCに乗る
7.アルピーヌA110に加わった、よりスポーティなモデル"S"に筑波サーキットで乗る
8.トヨタGRスープラとマツダ・ロードスターを通して、日本のスポーツカーを語る
9.新型シボレー・コルベットにラスベガスで乗る
10.6気筒復活のポルシェ718ケイマン&ボクスターGTS4.0にポルトガルで乗る

【ENGINE WATCH CLUB】

時計シーズン2020開幕!
ドバイ&東京の発表会から新作速報

「トレンドのカギは、“過去と現代を結ぶ技術力”!」

ZENITH/BVLGARI/HUBLOT/TAG HEUER/GRAND SEIKO/SEIKO/CITIZEN/ORIENT

ENGINE WEBコンテンツもお楽しみください!

総合アクセスランキング

最新の人気記事

TOPICS トップへ