ENGINE WEB

CAR 2020.3.21 

アルピーヌの販売は世界第2位

2020年1月に行われたENGINE輸入車大試乗会。気になる「今年の目玉車と目標」を、アルピーヌ・ジャポンの広報担当 佐藤 渉さんに取材した。

おかげさまで世界だけでなく、日本での販売もとても好調です。これまで日本の地に降り立った新型A110は約350台。これは世界第2位の数字となります。一時は納車に時間が掛かりご迷惑をお掛けしましたが、現在は色によってお待たせするものがあるものの、基本的には順調です。詳しくはディーラーに確認してみてください。2020年の主役はやはり、昨年の東京モーターショーでお披露目し、今回の大試乗会にも登場している"S"です。予約はすでに開始されていますが、デリバリーがそろそろ始まります。40㎰アップしたエンジン、サーキットでより楽しめるようにブラッシュアップしたシャシーなど、より速く、より刺激が欲しいというお客様には絶対に満足いただける1台に仕上がっています。

アルピーヌA110S

文=ENGINE編集部

(ENGINE2020年4月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ