ENGINE WEB

CAR 2020.3.8 

【試乗動画】ポルシェ 911 カレラ S × 西川淳  「スポーツカーの最先端! 」

ENGINE4月号は『ENGINE輸入車大試乗会2020』。人気のジャーナリストが、2020年話題の輸入車をどう見て、触って、乗って、感じたのかをスペシャル動画でお伝えします。

ポルシェ911 カレラ Sとは、どんなクルマ?

タイプ991の後期型で一部特殊なモデル以外はターボ過給エンジンに転じた911だが、992ではシャシーに大鉈を振るってきた。後輪駆動モデルも4輪駆動モデルに準じたワイド・ボディとした上で、フロントのトレッド(左右輪間距離)を大胆に拡大してきた。シャシーの幾何学的ポテンシャルを引き上げてきたのである。そのせいで、左右のヘッドライトが離れて見えるようになった。カレラSは3.0ℓターボ過給エンジンの高出力仕様を載せる。
全長×全幅×全高=4520×1850×1290mm(スポーツ・シャシー仕様)。ホイールベース=2450mm。カレラS(標準仕様)の価格は1696万8519円(税込)。試乗車にはPASM付きスポーツ・シャシーのオプションが付いている。

西川 淳の意見! いつも時代の最先端 

スーパーカーを含む最新の高性能車に乗るたび、まざまざと感じることがある。今までのスポーツカーの価値観=音やエンジン・フィール、絶対的な速さやコーナリング・スピードなどとは、違う魅力を出そうとしているのだ。マクラーレンもフェラーリもそうだった。数千万円出してそれを買って良かったと思わせる今までとは違う"手練手管"。総じてそれは普段乗りでの"気持ちよさ"だった。

カレラSに乗ってみて、ポルシェは911でそれを真っ先に世間に問うていたことを改めて知った。圧倒的なスタビリティのもと、パーシャル・スロットルでどこまでも気持ちよくオンザレールを貫く。目を三角にしたいとも、走行モードを過激にしようとも思わない。サーキットも不要。4WDのカレラ4SでもRWDのカレラSでもそれは変わらない。ポルシェはいつだって時代の最先端をいくスポーツカーであるという事実を思い知った。ボクは992にさほど911を感じなかったが、その代わりスポーツカーの未来に思いを馳せることができたのだった。

(ENGINE2020年4月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ