ENGINE WEB

CAR 2020.3.20 

【ガレージ取材】ジャガーEタイプやロータス・エランなど お気に入りの英国車を用途に応じて使い分ける

まるでヒストリックカー・ショップかと思うほど立派なガレージの中には、2台のジャガーEタイプ、ロータス・エラン、オースティンA35など、英国車を中心に新谷永さんのお眼鏡に適った動くお宝たちが集結している。しかも、1台を除くすべてのクルマが実動状態にあることにクルマへの愛を感じる。

同じメイクスとか、同じ国籍とか、同じ年代とか、複数台を所有する場合の”テーマ”はいくつもある。その中にあって、同じ車種のロードカーとレーシングの2台をガレージに並べることは、クルマ好きにとってひとつの理想といえる。この”イデアル・ペア”をジャガーEタイプで実践しているのが、新谷永さんだ。

しかもこのEタイプたちは、ただのEタイプではない。シルバーに塗られたシリーズ1・4.2クーペのロードカーは、当時のディーラーであった新東洋企業が輸入した非常に珍しい右ハンドル仕様。もう1台のレーシングの方は、いわゆる”フラットフロア”と呼ばれる初期のシリーズ1クーペなのだが、なんとそのシャシー・ナンバーは”18”と極初期に生産されたものなのである。

「シルバーのEタイプを買ったのは2000年頃。ディーラー車の右ハンドルは非常に少なく、おそらく多くて数台しか輸入されていないと思います。それが専門店に入荷しているのを見つけましてね。ところが、連絡したら売れてしまっていた。そこで”きっと半年したら戻ってくると思うので連絡ください”と伝えたら、本当に戻ってきて買えたんです。お店の方もビックリしてましたよ」

一方のレーシングEタイプの方はボンネットなどをアルミに換え、ダンロップ・ホイールを履くなどのモディファイが施された”セミ・ライトウェイト”仕様で、長らくアメリカのヒストリックカー・レースに参戦していた履歴の持ち主だという。新谷さんはこのレーシングEタイプをガレージに仕舞い込むのではなく、ヒストリック・カーの走行イベント、”鈴鹿サウンド・オブ・エンジン”で、ローラT70やポルシェ910に混じって走るなど、積極的にレース活動を楽しんでいる。

「エンジンが4.2ℓに載せ替えられているのですが、今イギリスで3.8ℓのレーシング・エンジンを組んでもらっています。合わせてギヤボックスもストレート・カットに載せ替えようと準備してあるんですよ」

2017年にコレクションに加わったレーシングEタイプ。アメリカで長らくヒストリックカー・レースに出場していた個体で、 アルミ製のボンネット・フード、張り出したフェンダー、ダンロップ・レーシング・ホイールなど往時のセオリーに則ったセミ・ライトウェイト・スペックに仕立てられている。「ナンバー付きとレーシングカーの組み合わせって結構憧れる」という新谷さん。「クーペが好きなんで、オープンでもハードトップをつけちゃう」のも拘り。

2台のEタイプを全く違うテイストで楽しむというだけでも、十分羨ましい話なのだが、話はそこで終わらない。実はこの2台が納まっている場所は懇意のショップのファクトリーではなく、れっきとした新谷さんのプライベート・ガレージなのだ。もちろん、背後にあるクルマもすべて新谷さんのコレクションである。

9台分ほどのスペースのある広いガレージはリフトも備わる本格的なもの。自分でメンテナンスする工場のようなスペースが欲しくて20年ほど前に自宅の向かいの敷地に建設したのだそうだ。

その後、10年ほど前にガレージに隣接する敷地が空いたことで、エアコンや水回りを完備したリビングに加え、3台のクルマを納める屋内ガレージと、さらに3台分の駐車スペースを拡張している。

その前のガレージには、1990年にお父様が新車で購入されたという形見のジャガーXJ-Sコンバーチブル、Eタイプ、そして1932年型アストン・マーティン・インターナショナルという大物が羽を休めている。特筆すべきはケータハム以外、ここにあるコレクションがすべて実動状態に保たれ、いつでも走り出せるという、複数台所有において最も大変な課題をクリアしていることだ。そこからも新谷さんのクルマに対する愛情の深さがうかがえるというものだ。
いつかは欲しいと思っていたという戦前期のアストン。
これまた貴重な新東洋ディーラー車の右ハンドル仕様。
うっとりするほど美しいXKユニットは、もちろん快調。
10年ほど前に増築されたというリビング・スペースには様々なイベントでのトロフィーやポスター、貴重なオートモビリアなどが飾られている。
新谷さんの名刺代わりというべき1台が、30年以上にわたり所有し続けているロータス・エランS2。ワイド・フェンダー化に合わせバンパー・エンドを延長してバランスをとるなど小技も光る。

スタートはケータハム・セブン

広いガレージができると、その分だけクルマを集めたくなる......というのは”エンスーあるある”のひとつだ。しかし、新谷さんはむやみやたらにコレクションを増やしているというわけではない。

新谷さんのクルマ遍歴はトヨタ・カリーナGTからスタートする。仕事で使う営業用にクルマが必要になり、本当はTE27レビンが欲しかったのだけれど中古車が見つからず、同じ2T-Gエンジンを積んだカリーナGTを選んだのだという。その後、新谷さんが最初に趣味グルマと呼べる1台を手に入れたのは1979年のことだ。

「昔からロータスに惹かれるものがあったので、最初はエランを探していました。でも当時エランS1、S2の売り物はなくて、せいぜいボロボロのS4があるくらい。しかもパーツ供給も不安定な時代でしたからね。ならばセブンだったら部品点数も少ないから維持が楽だろうと。ちょうど付き合いのあった東京のショップで働いていたイギリス人メカニックが国に帰るというので、向こうで買って送ってもらったんです」

それが今もガレージに納まるケータハム・セブンだ。1976年製というこのセブンは、なんと生産番号6台目。当初セブンS4のライセンス生産をしていたケータハム・カーズが、今にも続くS3ボディへと先祖返りを果たしたファースト・ロットというべき1台なのである。

こうしたレース活動の原点になったのが、最初に手に入れたケータハム・スーパーセブン。貴重な極初期のモデルである。

「ヒーターも付いていないショート・コクピットのモデルでね、車検を取るのに1年近く掛かりました。それでジムカーナに出ていたんですが、30年前のあるイベントでクラッシュしてひっくり返って死にかけたんですよ。1本目でトップタイムを出していたので優勝しましたけど(笑)」

確かによく見ると衝撃でステアリングが曲がっているなど、ボディの各所には、その時受けたダメージが残ったままの状態となっていた。「売らないから、いっぱいあるだけですよ」と、新谷さんは謙遜するが、ここにある1台1台には、思い入れと思い出、そしてしっかりとした役割がある。「1台で賄うのではなく、ジムカーナはこれ、サーキットはこれ、公道で愉しむのはこれ、という感じですね」

つまりこのコレクションも、玄人はだしのガレージも、ラ・フェスタ・ミッレミリアなどの公道イベントからジムカーナ、サーキット・レースのみならず、フォード・エスコートRSで全日本ラリー選手権OP‒1クラスにまで出場するなど、あらゆるジャンルのヒストリックカー・イベントを楽しむために必然的に揃えられたものというわけだ。

新谷さんとともにACCR(アルペン・クラシックカー・ラリー)で3度のクラス優勝、2019年のWRCプレ・イベントのクラシック部門でクラス優勝という戦績を誇るフォード・エスコートRS。

独自のモディファイ

なかでも特に思いがこもっているのが、1989年以来ガレージに納まり続けているロータス・エランS2と、1933年型のMG・Lタイプ・マグナである。

この両車に共通しているのは、新谷さんの理想に合わせて、独自のモディファイが施されていることだ。まず歴代2台目の趣味グルマとなったエランは、当時販売されていた26Rのボディキットを装着したもので、現在販売されているものよりも26R.S2のフォルムを忠実に再現しているのが特徴だ。

しかしながら26Rレプリカにするのではなく、ヘッドライトをアルピーヌA110用に変更。合わせてヘッドライト・カバーもA110用を加工して付けるとともに、カバーに合わせてフェンダーの”峰”にあるラインを変更するなど、ボディの内外からシャシー・フレーム、パワートレインまで、あらゆるところに手が加えられているのだ。

主にツーリングやジムカーナ用に活躍しているエラン。20年ほど前にフル・オーバーホールしたロータス・ツインカムは快調そのものだが、ウォーター・ポンプを電動化するなど今も進化を続けている。

そしてMG・Lタイプ・マグナの方も元々のクーペ・ボディを降ろし、精悍な2シーターのオープン・ボディへと載せ替えられている。「自分の中でこういうモノに仕上げ たいと考え、アウトラインを引いてね。MGのオーソリティと相談しながら、彼の手を借りて、2年くらいかけて完成しました」

ボディは当時のレース・マシンであるK3マグネットのレプリカにするのではなく、何度も調整したというボート・テールや、トレッドを広げるためにワンオフで作ったセンターレイスのホイールなど新谷さんのイメージを具現化したデザインと、マイナス・ネジやハンドメイドのボンネット・ルーバーなど当時の雰囲気、流儀に沿ったディテールが絶妙にバランスしたセンスの良いものに仕上げられている。

戦前車を所有してみたいという長年の想いが叶って10年ほど前に手に入れたMG・Lタイプ・マグナ。「元から残っているのはフレームとパワートレインくらい」というほど徹底的なレース・スペックとなっているが、クラシックMGの”勘所”は外さない見事なレーシング・モディファイが施されている。

加えてインテリアは、新谷さん自ら型紙を作ってメーターの配置をアレンジしたほか、シート表皮に牛革ではなく衣料用の馬革を使用することで、滑らかな手触りに加えて、早くエイジングできるなど、様々な工夫が盛り込まれていた。

一方1086ccの直6エンジンは鍛造のコンロッドやクランク、コスワース製のピストンを組み込んだ上にスーパーチャージャーを装着。ベンチテストでは4800rpmで70hpを発生(ピーク・パワーはそれ以上)するまでにチューンナップされているそうだ。

既にお気づきかもしれないが、ガレージに納まるコレクションはすべて英国車ばかり。その理由を新谷さんは「英国車好きはおそらく小林彰太郎さんの影響ですね。中学生の時に初めて買って以来、『カーグラフィック』は僕たちの先生だったからね」と分析する。実際、これまで英国車以外で手に入れたのはシボレー・コルベット・スティングレイ(C2)とシトロエンDS21のみで、今では2台とも数少ない”手放したクルマ”リストに入っている。

そんな新谷さんの元にやってきた一番新しいコレクションが、1957年式のオースティンA35だ。実はこのクルマは、2016年のグッドウッド・リバイバル・ミーティングでオースティンA30/35の生誕60周年を記念して行われたワンメイク・レース、”セント・メアリーズ・トロフィー”でポール・ラディシッチがドライブした個体そのもの。

E
F
英国HRDCの入門用ワンメイク・レースである“アカデミー“用に仕立てられたオースティンA35。なんとエンジンは公平を期するために主催者から供給され、封印までされている。FRP製のボディパネル、強固なロールケージを組んだボディも本格的なもの。昨年末のサイドウェイ・トロフィーでは新谷さんの手で2位を快走してみせた。

2017年にグッドウッド・リバイバルを 訪れた際に売り出されているのを見つけ、ひと目惚れしたものだという。「最初に見て欲しいと思って、忘れられずに次の日も見に行ったら、僕の所有しているアストン・マーティン・インターナショナルを扱っていたお店の売り物だったんです。”なんだ欲しいのか?”となって”じゃあ買う”と話は早かったですね」

そこで最後に気になるのは、奥様をはじめとするご家族の反応だ。「おかげさまで文句は言っても理解はあります。向こうでA35を見た時も”この色かわいいね、で、買うの?”でしたから(笑)」

文=藤原よしお 写真=望月浩彦

(ENGINE2020年3月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ