ENGINE WEB

CAR 2020.1.11 

エンジン中古車探検隊が行く! ピニンファリーナ&マリナーが手がけたベントレーのコンバーチブルを探せ

東京・目黒通り沿いのとある専門店に超希少なベントレーの出物があると聞きつけた探検隊一行。さっそく駆けつけると、近代のフェラーリやアストンの限定車の奥に、銀色の車体が潜んでいた。

フェデルタの店内に飾られていた初代ベントレー・アズール。コンチネンタルRをベースに伊ピニンファリーナが幌と車体を架装。内装はマリナー・パークウォードが手がけ、レザーは今ではクルマ用のレザー部門を閉じてしまった英コノリー製。フロントのタイヤ・ハウスまで両端が達しない小ぶりのバンパーが初代の初期モデル、1996、1997年型の特徴。VWによってベントレーが買収され後、アルナージがベースの2代目アズールが登場した。
■BENTLEY AZURE/ベントレー・アズール 1997年型 パール・シルバー/レッド・レザー 走行1万4441㎞ 右ハンドル 4段AT 検2021年7月 修復歴なし 価格応談

ステアリングやインストゥルメント・パネル、ドア・トリムに使用されているウッドは傷一つなく、素晴らしい状態を保っていた。写真の赤いフロア・カーペットのほかに、毛足の長いムートン製の純正品も付属している。

サイドシルにはベントレーとピニンファリーナの2つのロゴの入るプレートのほか、車体ナンバーが刻まれた当時の輸入元、コーンズのプレートも付いていた。

オープン・ボディなのでBピラーがなく、そのため前席のシートベルトは内蔵式になっている。後席は使った形跡がまったく感じられない。その後方のトノカバーや美しい曲線を描くウッドパネルのコンディションも極上で、とても製造から22年もの月日が流れているとは思えない。ソフト・トップの開閉は完全な電動式。

ウエダ いやぁ皆さん2019年もお世話になりました。なんかいいこと、ありましたか?

ワタナベ 別に……ねぇ。

アライ お、ナベさん時事ネタで返してるんですか?

ワタナベ ん、あぁそうか、"別に"といえば沢尻さんってわけね。

ウエダ そういうネタは週刊新潮が担当しますんで……。

ワタナベ よくもそんなことを。

アライ ああー、それもよく目にしたフレーズです。

ワタナベ あのウェンディーズの看板みたいな子、なんていったっけ?

ウエダ えーと、トゥンベリさんですか。そういう無意味な発言でわざわざ波風立てないでくださいよ。

アライ うちらみたいな闇営業組に波風なんか関係ないし。

ワタナベ 叱られる時はワンチームなんだから。

ウエダ ……ああもう、無理繰りに2019年縛りっぽい話にしなくてもいいですから。ほら着きましたよ、お目当てのお店に。

ワタナベ おおーっ壮観だなぁ、この上級国民な品揃えは。

アライ ベントレー×ベントレー×ベントレー。2019年でイギリスといえば渋野日向子さんですか。

ワタナベ ほほう。じゃあここにあるのが全英オープンってわけね。

ウエダ 2人で謎の掛け合いしないでくださいよ。そこで繋いで欲しいのは、2019年はベントレーが100周年だったってことです。

ワタナベ あ、なるほど。

ウエダ こちらのお店、フェデルタさんはベントレーやアストン・マーティン、フェラーリなどの英国、イタリア銘柄を中心にマニア心をくすぐる品揃えのお店です。

アライ なにげにあるフェラーリがtdfっていうのもすごいし。

ワタナベ で、今回見に来たのがこの初代アズールってわけ。品川35の貴重なナンバーを背負ってらっしゃる。

アライ すなわち品川管轄にずっといた個体ということですか。整備関係はこってりコーンズで。

ワタナベ ジャーマントップの状態なんかをみると、ヘタすると雨に濡れたこともなさそうな感じだね。

ウエダ さもありなんでしょう。この手のモデルはしっかり冷暗所で保管されるのが当然でしょうし。

アライ ところでこのアズールって、何年から作っていたんですか?

ウエダ 手許の資料だと1995年からで、2003年までの総生産台数は1300台余、日本には正規で50台前後が入ってきたと思われます。

ワタナベ アズールはコンチネンタルRをベースとしたオープン・モデルなわけだけど、その幌屋根開発と架装を担当したのがピニンファリーナで、ボディをイギリスからイタリアまで運んで施工してたんだよね。

アライ あれ?この時期そんなクルマ、他にもありましたよね。

ワタナベ キャデラックのアランテかな?あれはアズールより生産想定数が多いから、空輸でのロジスティクスを確保してたんだよ。結局失敗作になっちゃったけど。

ウエダ で、ピニンファリーナから帰ってきたボディをもとにコノリー製のレザーを使ってマリナー・パークウォード部門が仕上げると。

アライ この、後席側の湾曲した側面にウッドパネルを沿わせるような仕上げって、当時はけっこう大変だっただろうね。

ワタナベ しかも20年以上経っても反り返りもひび割れもなくピタッと収まってる。保管状況もさておき、素材と仕上げの良さが伴ってないとこうはいかないかも。

ウエダ この、インテグラルタイプのシートもピニンファリーナで制作したんですかね?

ワタナベ 多分そうだと思うよ。しかしこのレザーの質感、やばいね。コノリーが本気出して納めた革って、張りとしなやかさのバランス具合がもう別格だわ。

アライ さっき幌の開閉の様子をみてたんですけど、基本動作は現在のオープンカーと変わらないですね。トノカバーが開いてリア・ウインドウ側が上がって屋根が収まりきったら左右の幌骨の部分がパタパタと閉じると。全行程、30秒掛かってないくらいだと思うんですけど。

ワタナベ 大したマイコンもない時代に、これほど大づくりな幌屋根を油圧で動かしつつ、動きをその速度で同調させてたっていうのも、考えてみればすごい技術かもしれない。

ウエダ これ、エンジンは例の6.75ℓのV8ですよね。

ワタナベ そう。アズールが出る頃までは、パワーやトルクの数値は公表してなかった。例の逸話ね。

ウエダ 「必要にして充分」ですか。

ワタナベ 実際は380㎰くらいだったかと思うけど、確かにこの荘厳な吹け上がり感を知れば、数字なんか知らんでもいいやって感じになる。その感覚は現代のミュルザンヌにも見事に繋がってるよね。

アライ うーん、それにしてもあるんですねぇ、こういう世界が。

ワタナベ ピニンファリーナ&マリナー製のコノリー風呂。間違いなく再現不能でしょう、こういうのは。

フェデルタの代表・岡田和也さんとベントレーの中古車相場について語り合う渡辺隊長。奥に取材車両のアズールと2017年型コンチネンタルGTをベースとした限定車、ブラック・エディションの姿が。

今や貴重な"品川35"のナンバー・プレート。機関関係は走行1万3961㎞時点でバッテリー、カム&クランクシャフト・センサー、油脂&ベルト類、エア・エレメント、エイボン製タイヤ、ブレーキ・アキュムレーター、リア・ガススプリング、エンジンフード・ダンパー、テール・ランプなどを交換済み。

■フェデルタ 東京都目黒区八雲3-11-12 TEL:03-6459-5387 HP:http://www.fedelta.jp

話す人=渡辺敏史(まとめも)+新井一樹+上田純一郎(ともにENGINE編集部)  写真=阿部昌也

(ENGINE2020年2月号)

※紹介した中古車の価格、在庫については、取材時のものです。

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ