ENGINE WEB

CULTURE 2020.2.10 

韓国映画史上、初のアカデミー賞作品賞を獲得! 『パラサイト 半地下の家族』の衝撃度

アカデミー賞でまさかの作品賞に輝いた『パラサイト 半地下の家族』。韓国映画としては史上初、英語以外の作品が同賞を受賞するのも初めてという快挙だ。

半地下の家で暮らすキム家の人々。家長を演じるのはポン・ジュノ作品でもお馴染みの名優、ソン・ガンホ(左から2人目)。

韓国映画としてはじめて、カンヌ国際映画祭の最高賞(パルムドール)に輝いた『パラサイト 半地下の家族』が、世界中の賞レースを席捲している。その勢いはヨーロッパやアジアだけにとどまらず、全米の有力映画祭でも軒並み外国語映画賞を獲得。さらに2月10日に授賞式が行わた米アカデミー賞でも、作品賞、ポン・ジュノの監督賞、脚本賞、国際長編映画賞(旧・外国語映画賞)の4部門を獲得してしまったのだ。これまでオスカーとの相性がいまひとつだった韓国映画にとってはまさに前代未聞のこと。一体、どんな作品なのか?

大学入試に失敗し続けている長男のギウ(チェ・ウシク)。大学生と身分を偽って、ドンイク家の家庭教師を始める。

外光もまともに射しこまない、“半地下”のみすぼらしい住居。この家で内職をしながら、日々の暮らしをつないでいるのがキム一家だ。楽天的な性格だけが取り柄の父ギテクは万年失業状態で、妻のチュンスクは、甲斐性なしの夫にツラく当たっている。一方、長男のギウは浪人生活が長く、美大を目指す娘のギジョンには予備校に通う金さえない。そんなある日、ギウのもとに裕福な女子高校生の家庭教師の話が舞い込む。さっそく面接に訪ねたのは、IT企業の社長一家、ドンイク家が暮らすモダンな豪邸。偽造した学生証で家庭教師の職を得たギウは、次に妹のギジョンを美術教師としてドンイク家に送りこむことに成功する。巧みな嘘でドンイク一家の信頼を手に入れた2人は、さらなる計画を実行に移していく。
これ以上の筋書きはあえて明かさないが、その後の展開は、大方の観客の予想をことごとく裏切るものである。異なる世界に暮らす2つの家族が思いもよらぬ形で交わったとき、物語は驚くべき方向に転がり始めていく……。

美大に行きたいが、予備校にも行けない長女のギジョン(パク・ソダム)。弟の口利きでドンイク家の息子の美術教師に就任。

『殺人の追憶』や『グエムル‐漢江の怪物-』などの作品で知られるポン・ジュノ監督の手腕は、これまで以上に冴えている。先の読めないエンターテインメント作品として観客の心を鷲掴みにしながら、2つの対照的な家族の姿を通して、誰もがうっすらと感じていながら、それでいて目を背けてしまいたくなる、現代の格差社会の暗い現実を浮き彫りにしているのだ。ブラック・コメディの体裁をとった作品ではあるが、笑いながら見ているうちに背筋が寒くなる。オスカーの作品賞受賞も頷ける、現代の怪談のごとき衝撃作である。

IT企業の社長を務めるパク・ドンイク(イ・ソンギュン)と妻のヨンギョ(チョ・ヨンジョン)。高台の豪邸に暮らすドンイク一家は、すべてにおいてキム家とは対照的だ。

TOHOシネマズ日比谷、TOHOシネマズ梅田ほか全国ロードショー中
132分 配給:ビターズ・エンド

(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

文=永野正雄(ENGINE編集部)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CULTURE トップへ