ENGINE WEB

TOPICS 2019.11.26 

ENGINE1月号発売! SUVの新しい波!

かつてクルマの世界の中心にいたのは、間違いなくセダンだった。
セダンから派生して、クーペやコンバーチブル、ステーションワゴンをはじめ、さまざまな車種が生まれていった。

今では“SUV”と略して呼ばれるのが当り前になった、“スポーツ・ユーティリティ・ビークル”も、そうした派生車種のひとつである。

ところが、その派生に過ぎなかったSUVが、21世紀に入る頃から独自の進化を遂げ、勢力を一気に拡大し始めた。

そして、あれよあれよという間に、古臭くてイケていないクルマと見なされるようになったセダンに代わり、クルマの世界の中心に座ることになったのである。

もはや、SUVは単なる車種ではなく、その中にセダンやクーペやステーションワゴンをも内包した、新しいクルマの世界を形成していると言っても過言ではない。
今月号の巻頭特集では、いまも拡大し続けるSUVワールドを、続々登場する“ニューウェーブ”に焦点を当てながら、俯瞰しようと試みた。

【第一特集】

新オシャレ系、フル電動系、体育会系、突き抜け系など、続々登場!

SUVの新しい波!

■新オシャレ系
オシャレSUVの最先端、
シトロエンC3エアクロス、DS3クロスバック、ジープ・レネゲード、レンジローバー・イヴォーク
の4台に乗ってみた。

 “もう泥臭いなんて言わせません!”

■フル電動系
メルセデス・ベンツEQCとジャガーIペイス、2台のEVに乗る。

“これほどまでに違うとは!”

■体育会系
スポーツカーも蒼ざめる動力性能を携えた、
BMW X3M、ポルシェ・マカンS、アルファ・ロメオ・ステルヴィオ・クアドリフォリオ、マセラティ・レヴァンテ・トロフェオの4台に乗る。

“オンロードの覇者!”

■突き抜け系
ロールス・ロイス・カリナン、ランボルギーニ・ウルス、ベントレー・ベンテイガ、
アウディQ8、常識の枠に収まりきらない、飛び抜けた4台のSUVに乗る。

“彼ら以外には作れない。”

■新王道系
都会的なSUVの王道、メルセデス・ベンツGLE、BMW X5、ボルボXC60の3台に乗る。

“もはや乗用車の王道です!”

■新古典系
絶えることなく続く、本格派クロスカントリー4×4の血脈、スズキ・ジムニーと
メルセデス・ベンツGクラスの2台に乗る。

“担いでこそ御神輿。”

■番外篇
クルマ好きミュージシャンの長岡亮介さん、ジープで遊ぶ!

“これ、スポーツカーです!”

【第二特集】

100年後にも遺したい時計はどれ? 改めて真剣に考えてみました。

22世紀に遺したい時計

パティック フィリップ/オーデマ ピゲ/ショパール/アイ・ダブリュー・シー/ジャガー・ルクルト/クエルボ・イ・ソブリノス/F.P.ジョルヌ/ロジェ・デュブイ/ヴァシュロン・コンスタンタン/モリッツ・グロスマン/ハリー・ウィンストン/ドゥ ベトゥージ/エルメス/ジラール・ペルゴ/トム フォード/オメガ/ペキニエ/シャネル/エイチ・ワイ・ティ/アールジェイ/ブライトリング/ティファニー/グランドセイコー/ベル&ロス/フレデリック・コンスタント/ジン/ツェッペリン/ユンハンス/アイクポッド/トゥルーム/ボヴェ フルリエ/パルミジャーニ・フルリエ/クロノスイス/カールF.ブヘラ/オリス/ファーブル・ルーバ

■時計ジャーナリスト6人の「22世紀に遺したい時計」

菅原茂/H.モーザー/柴田充/高木教雄/福田豊/まつあみ靖

ENGINE WEBコンテンツもお楽しみください!

総合アクセスランキング

最新の人気記事

TOPICS トップへ