ENGINE WEB

CAR 2019.10.27 

試乗記ポルシェ911♯21 グランド・ツーリングカーとして秀逸

長期リポートが始まって1年8カ月になろうというのに、いまだに軽井沢より遠くへは行ったことがなかった79号車。今月はちょうど名古屋方面に行く用事があったので、新幹線を使わず79号車で片道350㎞の日帰りロングドライブに挑戦した。その結果、贔屓目なしに言って、79号車はグランド・ツアラーとしてこの上なく素晴らしいクルマであるのが良く分かった。

13年落ちの老体とはいえポルシェはポルシェ、日本の高速道路では物足りないくらいに速いのはもちろん、4WDモデルのカレラ4Sはどんな路面状況でもドシッと安定しているから、運転していて安心感があって圧倒的に疲れが少ないのだ。片道ごとに給油を兼ねた休憩一回で、なんの苦痛も感じることなしに700㎞の道のりをこなしてしまった。

思うに、こと79号車に関しては、サーキットより高速道路の方が舞台として適していると言わざるを得ないのではないか。今ではその差は僅かになったが、この時代の911は後輪駆動と4WDとでは、ずいぶんとハンドリングも乗り味も違っていた。サーキットを走るのには後輪駆動の方が軽快なハンドリングで適しているが、逆にグランド・ツーリングならドシッと安定した4DWモデルがいい。ロングドライブのおかげで、リッター5.6㎞まで落ちていた総燃費も6.3㎞まで回復。それでも良いとは言えないけれど……。

79号車/ポルシェ911カレラ4S(996型)
PORSCHE 911 CARRERA 4S
購入価格(新車時):340万円(1244万2500円)
導入時期:2017年4月
走行距離:9万4791㎞(1万2406㎞)

文=村上 政(ENGINE編集長)

(ENGINE 2019年3月号)

CAR トップへ