ENGINE WEB

CAR 2019.10.4 

2代目に生まれ変わったホンダN-WGNに乗る。オススメはカスタムのターボ。

個性的なデザインへと生まれ変わったホンダ軽のベーシック・モデル、N-WGN。全面変更により、兄弟車N-BOXのような爆発的な人気を手に入れることができるか?

今や国内販売台数の半分を軽自動車でまかなうホンダ(HONDA)。ホンダ軽の売れ筋であるN-BOXが高い車高を活かした広い空間を武器に普通車からもお客を奪うクラスレスなクルマとして人気を博しているのに対し、N-WGNは軽自動車ユーザーに的を絞ったモデルで、ダイハツ・ムーヴやスズキ・ワゴンRに勝負を挑む”ザ軽自動車”という立ち位置を採る。

新型で2代目となるN-WGNには新エンジンや普通車に勝るとも劣らぬ高機能な運転支援装置の採用など見るべきところが多いが、そのなかで一番の注目はスタイリングだ。”カスタム”は従来通りのちょっと厳ついワルな路線を継承するが、標準タイプは可愛らしさが漂う愛嬌のあるデザインへとイメージを大きく変えた。これがデザインをウリにする兄弟車N-ONEのお株を奪う仕上がりで、なかなか好印象なのだ。

今回は自然吸気の標準タイプとターボのカスタムに乗ったが、好印象だったのはターボのカスタム。このモデルのみリア・サスペンションにスタビライザーが装着され、タイヤも15インチになるのだが、ちょっと乗り心地は硬めになるものの、クルマの無駄な動きが抑制されていて走りやすい。エンジンもターボの方が実用回転域でのトルクが厚くて乗り易く、しかも静か。これならダウンサイジング・ユーザーのお眼鏡にも叶うはず。ただし、このシャシーとターボの組み合わせは新しいデザインの標準タイプで選べない。それが残念。

個性的な顔以外、標準タイプのデザインはかなりシンプル。この緑色をはじめ、ボディ色でもちょっと冒険している。屋根が白色の2トーンはオプション。内装は高価な素材は使っていないが、それをデザインでカバー。安っぽさはあまり感じない。

角型のヘッドライトやクロームのグリルを持つカスタム。ヘッドライトはLEDが標準となる。

文・写真=新井一樹(ENGINE編集部)

F1GPで2勝、そして遂にポール奪取! ホンダ・エンジンの速さは本物か!?

改良熟成されたホンダNSX。スーパースポーツの未来がここに!! [試乗動画あり]

「ブロンズって、どうよ!?」 オンリーワンの経年変化!

CAR トップへ