ENGINE WEB

CULTURE 2019.9.29 

『万引き家族』是枝裕和監督の新作『真実』

ヴェネチア国際映画祭でお披露目された是枝裕和監督の新作は、パリを舞台にした家族のドラマ。主役に迎えたのはフランスの大女優、カトリーヌ・ドヌーヴである。

『万引き家族』でカンヌ国際映画祭の最高賞を手にした是枝裕和監督。自ら脚本を書き下ろした新作の舞台はパリで、スタッフの多くがフランス人、しかもカトリーヌ・ドヌーヴら欧米の大物俳優たちが出演する、是枝監督にとっては初めてづくしの作品だ。

ドヌーヴ扮するのは『真実』と題した自伝本を上梓した大女優のファビエンヌ。彼女の瀟洒な邸宅に、NYで暮らす娘のリュミール(ジュリエット・ビノシュ)が、夫のハンク(イーサン・ホーク)と、7歳になる娘と共にやってくる。だが到着早々、自伝本に目を通したリュミールは、その内容に愕然とする。自分と母の関係は都合よく美化され、離婚した父親は死んだことになっており、母親の親友で最大のライバルでもあった今は亡き女優の“サラおばさん”は名前さえ登場しないのである......。

本作で圧倒的な存在感を示すのは、やはりドヌーヴだ。「私は酷い母親だったかもしれないけど、良い母親で酷い役者であるよりはマシ」と開き直るファビエンヌは、毒舌で傲慢だが、どこか憎めなくチャーミング。ドヌーヴは会見で「自分とはまったくかけ離れた人物を演じられて愉快だった」と話していたが、実在と架空の女優の姿がオーバーラップする仕掛けは楽しく、時に笑いさえ誘う。またファビエンヌが撮影している映画のシーンが劇中劇として盛り込まれ、まさに虚実ないまぜの女優という職業が描かれるのだ。

8月に開幕したヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門で、栄えあるオープニング 作品に選ばれた『真実』。当日は是枝監督が、カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュ という、フランスを代表する2人の名女優と共にレッドカーペットを歩いた。なお製作時の監督とスタッフ・俳優のコミュニケーションは、すべて通訳を介して行われたという。

もちろん家族(それもかなり風変わりな)というテーマにこだわり続けてきた是枝監督の作品らしく、物語の核をなすのは母と娘の相克である。だがそのアプローチも、たとえばイングマール・ベルイマンの傑作『秋のソナタ』のように、互いをとことん傷つけあう容赦のないものではなく、諍いの渦中にあっても2人の根底にある愛情が滲み出るような、優しい目線が感じられる。

役者やスタッフが国境を越えても是枝監督は気負うことなく、自らの作風、魂をしっかり作品に息づかせている。映像作家としての確かな力量を改めて示した作品だ。

108 分。10月11日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開。
配給:GAGA

文=永野正雄(ENGINE編集部)

photo L. Champoussin ©3B-分福-Mi Movies-FR3 2019Getty Images

タランティーノが描く1969年のショウビズ界 『ワンス アポン ア タイム イン ハリウッド』

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』が話題

俳優引退を表明した永遠の二枚目 『さらば愛しきアウトロー』

 

CULTURE トップへ