ENGINE WEB

PLAYING 2019.9.25 

2台のマセラティ・シャマルと軽井沢の家 週末はイタ車仲間が集まってくる!/クルマと暮らす29

東京で忙しく働いている開業医のKさんは大の〝シャマル好き〞だ。そんな小暮さんの軽井沢の別荘に、いつしかマセラティの仲間たちが集まりだした。

必死で手に入れたシャマル

木々に囲まれた、軽井沢の静かなエリアに建つこの別荘。東京で開業医をしている小暮仁さん(52歳)は、ほとんどの週末をここで過ごしている。月曜日の朝早くから土曜日の昼まで忙しく働く建て主は、「仕事を忘れてリフレッシュするここが本宅のようなものです。平日は東京に働きに出ている感じです」と話す。

そんな小暮さんにとって、「クルマは数少ない趣味」だ。庭に面した、ガラスの引き戸の奥のガレージには、2台のマセラティ・シャマルが納まっている。シャマルは、マセラティ・ビトゥルボ系のクルマの中でも、最もスポーティに仕上げられた特別なモデルで、1989年から数年の間に360台ほどしか生産されていない。

しかも小暮さんの黒いボディーカラーの1台は、サーキットを走るために念入りにチューンナップされたもの。富士スピードウェイで1分56秒台のラップを出したこともあるというのだから、とんでもないマシーンだ。もちろん、こんなジャジャ馬を操る小暮さんの腕も、相当なものである。

『サーキットの狼』世代の小暮さんは、子供の頃からクルマに興味が。そして雑誌で目にしたシャマルに関心を持つ。まだ学生だった頃、ディーラー車を助手席で体験し、圧倒的な加速とエンジン音にノックアウト。

「医師になって、シャマルに乗るために必死に働きました。頭金くらいの額が貯まってからは、中古でしか手に入らなくなったシャマルを随分と探したものです。ようやく手に入れたのが黒いシャマルです。嬉しかったですね。ところが忙しくて、なかなか乗れずに。仕事が終わった夜遅くに、停めてあるタワーパーキングを訪れ、キャリアに乗ったままの姿を眺めたり、頬ずりしたのを覚えています」
ところがそんな愛車を、2年で廃車にしてしまう。

「彼女ができて、小雨が降っているのに、ちょっといいところを見せようとしてスピンし、首都高で左右の壁に何度もぶつかって……」幸い怪我はなく、その後2人は結婚。もちろん、新婚旅行はイタリアで、名車を訪ねる旅。今も仲良く暮らしている。

もっともシャマルを失った当時の落ち込みぶりはひどく、「元気のない様子に周囲が気付くのはもちろん、自分でも自覚するほどだった」。そこでかつて助手席を体験したディーラーに連絡すると、ちょうど黒、赤、紺の3台のシャマルをイタリアから仕入れたばかりとのこと。黒と赤が通常のボディーカラーだが、紺はオーダーされた特別色のモデルだ。「黒か紺で迷いましたが、最初に買ったのと同じ、黒にしました」。

軽井沢の2000㎡超の敷地に建つ小暮さんの別荘。右の写真は、3年前に増築された東南部の別館。2台のマセラティ・シャマルが見えるようにと、ガレージ前面の引き戸はガラス張りに(クルマがよく見えるよう、右写真はガラス戸が写らないよう対応)。クルマは、庭側から停める構造だ。

小暮さん夫婦のプライベートな生活空間である、新しく生まれた別館の1階。リビング、ダイニング、キッチンのある大きな空間に、夫婦と愛犬が川の字に眠るキングサイズのベッドが置かれている。

写真は母屋。建物は、キッチン、ダイニング、リビンング、玄関ホールなどに相当するボックスを前後にずらした配置に。

母屋のダイニングからの景色が美しく見えるよう、窓周辺のデザインが工夫されている。リビングはモダンで開放的。かつて雑木林だった庭は造園家の手が入り、自然な雰囲気の、人とクルマが集まれるスペースに。

「シャマルズ」結成

やがてこの黒いシャマルでサーキット走行にも挑戦するように。すると次第に、同じクルマを所有する仲間が周囲に集まるようになる。そこで、一緒にクルマを楽しむ活動を開始した。呼称は、人気コーラスグループの名前をもじって「シャマルズ」に。

活動のハイライトは、シャマル登場20周年を祝うイベントを催したことだろう。日本各地から40台ほどのシャマルが集まった。これは生産台数の1割を超える数だ。しかも、当日参加した品の良い紳士から、「免許を返納するので」、と小暮さんは紺のシャマルを譲り受ける。なんとこのクルマ、かつて黒か紺か迷った際の1台だった。こうして、シャマルが2台も揃ったのである。

そもそもこの別荘は、親の代からの別荘の老朽化を受け、その隣に新たに建てたものだ。設計は、「マセラティに乗っている建築家」として紹介された、鹿嶌信哉さんの事務所に依頼。イタリア&フランス車の座談会にも登場している、小誌でもお馴染みの建築家である。

黒いシャマルは、サーキット走行用に改造されており、走行会では、直線でフェラーリを軽く抜いたこともある。走行距離は9万キロ。紺のシャマルは、現存する個体で最もコンディションが良い、との声も。こちらは8万キロを走破。

ガレージ内は、建て主の強い希望で銀色に塗った。屋内に4台、屋外に5台停められるスペースが。普段の脚は、AMG ML63など。

小暮さんたっての希望で設けたアトリエ・スペース。壁には往年の名車の写真が飾られ、資料やミニカーが特製の棚に並ぶ。この部屋の家具や木製のタイヤ・シェルフなどは、軽井沢で知り合った木工作家が手がけた。ガレージとの間にはガラスの引き戸が。天井は低いが、落ち着く空間である。

ミニカーは、マセラティのなかでも、小暮さんが所有したいクルマを並べた。

もっとも最初は現在の5分の2ほどの土地に、小さな別荘を建てる予定だった。それが色々な思いを乗せているうちに大きな建物に。こうして10年前に完成したのが母屋だ。小暮さんが声を掛け、取材日にはイタリア車を所有する友人が大勢集まった。

実は普段からも、週末になれば仲間の誰かが遊びにやってくる別荘である。なかには「自慢のクルマは修理中で、今日はこちらのクルマで写るのは少し残念」という方や、「急いで車検を取りました。冷房が無いので、クーラーボックスに氷を入れてやってきた」レース用車両の方まで。皆さん、本当に豊かなカーライフを楽しんでいる。

鹿嶌さんたちが設計した別荘は、カントリー調のウッディなインテリアとは正反対の、現代の都市型住宅風の洗練されたもの。ホールのような大空間にするのではなく、リビング、ダイニングなどを大まかに区切ったうえで、少しずらして配置する構成に。こうすることで、少人数が集まる溜りがいくつも生まれ、大勢が遊びに来ても、誰もが居心地よく過ごせるのである。

この日小暮さんの別荘の前庭に集まったイタリア車。左から波里好彦さんのアルファ・ロメオ147GTA(2003年製・黒)、この別荘を設計した建築家の鹿嶌信哉さんと佐藤文さんのマセラティ・クアトロポルテV6エヴォルツィオーネ(2003年製・白)、木下勝之さんのマセラティ・ギブリカップ(1998年製・黄)、石川雅己さんのマセラティ・シャマル(1993年製・青)、この別荘の主である小暮さんのマセラティ・シャマル(1989年製・黒)(1990年製・紺)、阿部眞一さんのマセラティ・シャマル(1993年製・赤)、長尾進さんのフェラーリ412(1989年製・グレー)、尾川晴彦さんのアルファ・ロメオ75TS(1989年製・赤)。マセラティのメカニックで知られる代永秀樹さんの顔も。取材当日は、軽井沢でもかなりの暑さだったが、どのクルマもトラブルに見舞われることなく集合した。

別荘が自宅になった

また、「ここが本宅」と考える小暮さんが、建築家に全て任せるのではなく、自身で別荘を育てている点も興味深い。例えば、雑木林だった建物前部の土地を手に入れてからは、知り合った地元の造園家と時間をかけて庭を作っている。時には一緒に山に入って魅力ある木を探し、地主と交渉して購入してくることも。今、木が青々と茂っている庭は、秋は紅葉が美しく冬は葉が落ちてと、四季が楽しめるようデザインされている。

さらに3年前に、父親の別荘のあった東南部に、同じく鹿嶌さんたちの設計で、120㎡ほどの別館を増築した。1階は、普段さん夫婦と愛犬が過ごす、かなりの広さのワンルーム。地下には、クルマに関するコレクションを飾るアトリエを設け、シャマル2台を眺められるガレージを新設した。

「別館を作る決断をしたのは、大きな手術を受けて考え方が変わったからです。これからは、働き詰めではなく、暮らしの質を上げていこうと考えるようになりました」とKさん。2000~10年頃は、シャマルズの面々とサーキット走行を楽しんでいたが、3.11以降はそうした走り方に疑問を感じ、今は仲間と、ゆっくりクルマを楽しむスタイルに変わった。

その中心にあるのは、英気を養ってくれる、「いつも帰ってくる」この別荘である。気の置けない趣味の仲間が、ワクワクするようなクルマで集ってくる別荘は、小暮さんの生き方に、絶対に欠かせない存在なのだ。

■建築家:鹿嶌信哉 1959年、愛知県生まれ。京都工芸繊維大学卒業。芦原建築設計研究所勤務を経て、佐藤文と共同でK + Sアーキテクツを設立。業界ではよく知られたクルマ好き。佐藤文、1961 年、群馬県生まれ。日本大学卒業。早川邦彦、芦原義信の事務所勤務を経て独立。住宅の他、病院、児童養護施設なども手掛ける。

文=ジョー スズキ 写真=山下亮一

(ENGINE2019年10月号)

 

総合アクセスランキング

最新の人気記事

PLAYING トップへ