ENGINE WEB

PLAYING 2019.8.5 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄

リゾート地の極上レストラン #ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄

ローカルガストロノミーの流れで腕利きの料理人が地方に移り、ハイレベルなレストランを開業している昨今。今年は沖縄に、極上のリゾート・グルメが誕生した。

沖縄

スペシャリティレストラン シラカチ 琉球炉端 by Kandaより。沖縄伝統のお祝い料理「どぅるわかしー」1800円。沖縄名産の〝田芋〟を具材と共に炒め、粘りが出るまで煮て、つぶしながら練り上げたもの。

美しく昇華された郷土料理

所変わって沖縄で楽しみたいリゾート・グルメの舞台は、那覇から車で1時間ほどのビーチ・リゾート、恩納村の「ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄」。360度海に囲まれた瀬良垣島に建つこのホテルの中の「シラカチ・炉端」では、東京・元麻布の日本料理店「かんだ」のオーナー・シェフである神田裕行氏がプロデュースするモダンな沖縄料理が3月から提供され、好評だ。

「琉球炉端 by Kanda」と銘打たれたメニューに並ぶのは、沖縄の郷土料理を丁寧に作り込み、モダンな味わいに昇華させた一品料理。細く切った具材に出汁を加えて炒りつけたイリチーなどのおそうざいの盛り合わせも、日本料理の巨匠の手にかかると会席料理のような美しさだ。また、蒸した田芋と豚肉、かまぼこ、椎茸などを合わせた沖縄の郷土料理「どぅるわかしー」は、いろいろな素材の旨味が利いていて泡盛にも合うおいしさ。おなじみのゴーヤチャンプルーやラフテーも、街の沖縄料理店とは一線を画す、洗練された味わいとなっている。食に妥協できない人こそ訪れてみてほしい一軒だ。

日替わりのおそうざいの盛り合わせ1500円。左奥から時計回りに、イリチー、ハンダマと海ぶどうのごまゼリー和え、セロリの梅和え、にしんの昆布巻き、オレンジ風味の人参シリシリ。

スペシャリティレストラン「シラカチ」は、4つのレストランとバーから成り、写真はその中の「シラカチ・炉端」。外来利用可。

青い海に囲まれた瀬良垣島全体をリゾートとしても楽しめる。

●ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄/沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣1108番地 Tel.098-960-4321 http://www.hyattregencyseragaki.jp

料理は「シラカチ・炉端」の「琉球炉端 by kanda」より。

文=小松めぐみ(フード・ライター)

リゾート地の極上レストラン #星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル (青森)

ABARTH×山野哲也×石川紗織「今、自分の限界を攻める。」

フェイスリフトした新型アウディTTクーペに乗る。ファイナル・コール。

PLAYING トップへ