ENGINE WEB

PLAYING 2019.8.1 星野リゾート

リゾート地の極上レストラン #星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル (青森)

ローカルガストロノミーの流れで腕利きの料理人が地方に移り、ハイレベルなレストランを開業している昨今。今年は青森に、極上のリゾート・グルメが誕生した。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

マグロのタルタルを生かした前菜「鮪のオペラ仕立て 帆立貝とイカのムース」。手前のジュレはマグロ節と魚介出汁でつくったもの。

Sonore

青森県・八戸から車で90分ほどの国立公園内の中に建つ『星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル』は、渓流の絶景と清々しい空気が人気のリゾートホテル。その1階に7月10日、土地の魅力を満喫できるフレンチレストラン『Sonore』が誕生した。

料理長の斉藤春樹氏は、ヨーロッパや東京の名店で活躍してきたベテラン。そんな彼が手掛けるディナー・コースは、伝統的なフランス料理に敬意を払ったクラシックな表情と、地元の食材を取り入 れたモダンなアレンジが持ち味だ。コースは奥入瀬渓流を望むテラスでの食前酒とアミューズから始まり、デザートまで 約7品。店内の席に着くと運ばれる冷前菜は、リゾートらしい洗練された美しさだ。「鮪のオペラ仕立て 帆立貝とイカ のムース」は、フランス料理の"牛肉のタルタル"を牛肉の代わりに青森県産のマグロで作り、ウニ、長芋、ホタテを合わせて仕上げたもの。温前菜の"フォアグラとリンゴ"は、フランス料理の王道の組み合わせだが、リンゴもソースのシードルも地元産ゆえ、フレッシュ感が鮮烈。ワイン は通好みのフランス・ワインが揃えられており、料理に合うものをソムリエに見つくろってもらうことも可能だ。

「フォアグラのポワレと林檎のロースト シードルソース」。

窓外に奥入瀬渓流の豊かな 自然が広がる「Sonore」は、7月10日にホテル1階に開業。営業時間17:30〜21:00(時期によって変動)。当面は宿泊者限定(小学生以上)で営業中。

十和田八幡平国立公園内の奥入瀬渓流沿いに建つリゾートホテルはここだけ。1泊2万円〜(税別)。

●星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル/青森県十和田市奥瀬栃久保231 Tel.0570-073-022(星野リゾート予約センター)http://www.oirase-keiryuu.jp/

料理はフレンチレストラン「Sonore(ソノール)」の1万5000円(税サ別)のディナー・コースより。

文=小松めぐみ(フード・ライター)

異業種から参入して急成長! 外国人オーナーが伝えたい味

カレラTとGT3RS、2台の911に試乗。991型は911のひとつの完成型である。

フェイスリフトした新型アウディTTクーペに乗る。ファイナル・コール。

総合アクセスランキング

最新の人気記事

PLAYING トップへ