ENGINE WEB

WATCH 2019.7.18 [PROMOTION]

センチュリー/2本持てば、時計はもっと楽しい!#4

文=菅原 茂 写真=近藤正一/沖田一真/センチュリー スタイリング=石川英治(T.R.S)

CENTURY

時に精悍に、時に華やかに
クリスタルの輝きを楽しもう

5~6年ほど前からサファイアクリスタルをケースに用いた時計が毎年登場しているが、実はセンチュリーはその元祖ともいうべき存在だ。1966年の創業から抱き続けてきた、美しさと耐久性を調和させた特別な時計を作るという夢をサファイアに託し、77年についに2種類のサファイアを一体化させたケース構造「メガリス」で実用化。ここでお薦めしたい2本も、キラキラと輝く単結晶サファイアのダイアル周りと黒く艶やかな多結晶サファイアの中胴部で構成される独特な時計だ。

赤い「8」の数字が大胆なクロノグラフは、ダイアルだけを見ればかなりレーシーだが12角形のベゼルが宝石のように輝くことで上質感もたっぷり。スーツ姿の腕元を少し主張させるには最高のアイテムだろう。一方のスケルトン・モデルはランチ・パーティーなどで活用しよう。敢えてピンクで腕元を飾れば、会場の主役は間違いなし、だ。サファイアは高硬度だからキズとも無縁。その輝きを末永く堪能できるのも嬉しい。

「パーティーでは華やぎを忘れない」

プライムタイム スケルトン

昨年デビューしたスケルトン・モデルに加わった新色。ドレッシィなシルクサテン素材に見えるストラップは、実は汗によるダメージなども気にする必要がないラバー製。ケース直径38.5mmと小振りだから、パートナーとのシェアウォッチとして、またはクロノグラフとお揃いで出掛けるという使い方もお薦めだ。10気圧防水。税別58万円。

 

 

「ビジネスもホリデイもこれ1本!」

プライムタイムエゴス
クロノグラフ デイ&デイト

3つのクロノグラフ用インダイアルに合わせて大胆にデザインされた窓から日付と曜日を表示。12面の"センチュリーサファイア"ケースは、すべてハンドカッティングされている。ケースバックとミラネーゼ・ブレスレットはステンレススティール。自動巻き。ケース直径42mm、10気圧防水。税別71万円。

◇お問い合わせ=センチュリー銀座ブティック  Tel.03-6278-8975
   https://jp.century.com

 

WATCH トップへ