ENGINE WEB

CAR 2019.7.25 

清水草一(愛車/フェラーリ328GTS) 令和元年、新車はこの20台が欲しい!

欲望のままに

私にとってクルマとは、ダイレクトな欲望の対象。乗るだけとか見るだけの対象では決してありません。よって私の選考基準は、常に欲しい順です。今回は自らの経済力の限界を超えて、欲望の赴くままに選んでみました。

■清水草一が欲しいベスト20
20台合計金額 1億1486万9195円

1位 ランボルギーニ・ウルス

2018年に試乗したクルマの中で、最もコーフンし、最も気分がアガッたのがウルスでした。それほどのハチャメチャ感がありました。

2位 アストン・マーティンDB11(AMR、V8、ヴォランテ含む)
歴代アストン・マーティンの中でも、ひょっとして一番スタイリングが美しいのでは? 加えてAMGのV8ターボが猛烈に気持ちいいのです。

3位 アルピーヌA110
現代のスーパー・スポーツはすべていらん! アルピーヌA110があればそれでいい! これ以上の動力性能はいらん! 猛烈に楽しいぞ!

4位 メルセデス・ベンツSクラス・セダン(AMG S63/S65を除く)
S400dに試乗して、大変感銘を受けました。実用サルーンとしては、現状もっともマニアックかつ甘美なフィールを持つ直6ディーゼルです。

5位 ポルシェ911カレラ/911カレラT/911カレラGTS
間もなく新型に切り替わるわけですが、私は現状の991型ですでに、100%以上完成された、欠点のない実用スポーツカーだと思っております。

6位 プジョー508セダン
羽のように軽やかなおフランス製サルーンです。すべてが雲の上みたいに軽快。どこか昭和っぽいレトロなカッコ良さ漂うデザインも〇だなぁ。

7位 BMW Z4
BMWのストレート6は死なず! 相変わらずウルトラ・シルキー&パワフル! 操縦性もスープラとは段違い! 思い通りに走ってくれる!

8位 BMW X2
実は、小さい実用的なBMWが欲しいのです。X2はカッコよし、走りよし、居住性も十分よし。X1よりちょっとだけスポーティなところがイイ。

9位 シトロエンC3
シトロエン・ファンとして、日本で一般ウケするシトロエンの再来を望んでいました。C3は一般ユーザーにもマニアにも刺さるシトロエンです。

10位 ルノー・トゥインゴ
フツーに走り楽しさは、現行モデル・ナンバー1だと、ずーっと思い続けています。この値段でこんなに楽しいクルマは他にないです!

11位 ダイハツ・ムーヴ・キャンバス
オッサンだってかわゆいクルマに乗りたい! ムーヴ・キャンバスは見ただけで顔がほころび、頬ずりしたくなる! つい欲しくなっちゃうヨ!

12位 スズキ・スイフト(スイフト・スポーツ含む)
私は「スイフト・スポーツを日本の国民車に!」と叫んでおります。実現の気配はありませんが、それほどまでに懐が深く、楽しいクルマです。

13位 スズキ・ラパン
オッサンだってかわゆいクルマに乗りたいんだよ! ラパンの後ろ姿を見るたびに、じゃれてる子猫ちゃんを見た時みたいな気分になるんだよ!

14位 スズキ・ジムニー(シエラ含む)
このサイズでこの存在感、そしてこの本格派ぶり! メルセデスGクラスが横に並んでも、なぜか優越感を抱けるクルマです。

15位 スズキ・イグニス
スズキのコンパクト・カーはスバラシイ。どれに乗っても実にしっかりしてるし楽しい。そしてデザインもイイ! イグニスはインテリアもイイ!

16位 マツダ・ロードスター(RF、NR-A含む)
いまさらあえて言うまでもないことですが、ロードスターは日本の誇り。これほどすばらしいクルマは100年に1台出るか出ないかです。

17位 マツダCX-3
マツダ車はどれもステキでどれも欲しい気持ちになるのですが、コンパクトなSUVであるCX-3は、かなり現実的な欲望の対象です。

18位 トヨタ・センチュリー
これほど乗り心地の素晴らしいクルマは、現状、世界にないのではないでしょうか。ロールス・ロイスを超えた! と思いました。

19位 三菱デリカD:5
このドブス顔にハマってしまいました。見れば見るほど目をそらせません。マイチェンとは言え中身も大幅進化。ミニバンではベストです。

20位 スバルXV
最後に、ものすごくフツーなブレッド&バターカーとして、XVを入れてみました。デザインもものすごくフツーにちょっとだけカッコいいです。

 

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ