ENGINE WEB

PLAYING 2019.6.26 

【ENGINE・ハウス】細長い変形土地を活用 チューブでつながる高床住宅のアイデアとは

関西特有の間口が狭くて奥に長い、町家時代の名残りの敷地に建つ武田邸は、びっくりのアイディア住宅。

自転車のため戸建てに

淀川に近い、下町の香りが残る住宅が密集した大阪の中心部に、作業療法士の武田真一さん(40)たちのお宅は建っている。区画整理されたエリアで、土地は道路に接した北側が狭く、南北に長い長方形。家の前の道は狭く、それ以外の三面は隣家に接している。こうした土地のデメリットを、驚くような形の家で解消したのが武田邸だ。

それまではマンション暮らしだったが、趣味であり片道40分の通勤の足である自転車をメンテナンスするために、家を建てて住むことにした武田さん。選んだ家具や照明から分かる通り、かなりのインテリア好きだ。設計は、圧倒的に個性的との理由で、竹口健太郎さんと山本麻子さんが主宰する京都のアルファヴィル一級建築士事務所に依頼した。

2階以上を支える6.5㎝角の無垢の鉄骨は、鳥かごのように3階建ての家全体を構成。相当な強度がある。チューブに反射した光が屋内に届くので、周囲を囲まれているが室内は明るい。
軒下は、シェルフの付いたランクルがギリギリ入る高さ。自転車好きの武田さんは、ストリート派。

とは言え、正面からではこの家が特別な形をしていることは分からない。しかも通りには、同じような顔をした3階建ての戸建て住宅が並んでいる。付近の家と違うことといえば、何本もの鉄骨で2階以上を支える構造になっていることだろう。柱でできた1階の空間は、トヨタ・ランドクルーザー・プラド(1997年型)の駐車スペースと、自転車のメンテナンス・エリアになっている。現在自転車は8台と三輪車2台。クルマも3台まで駐車可能で、近くに住む奥様のお母様も、クルマで訪れることが多い。

武田さんとこのランドクルーザーとの生活は10年近く。奥様が大きなクルマが好きだったこともあり選んだもので、通算走行距離は14万キロ。雨の日の通勤だけでなく、キャンプや雪山へと、大活躍している。キャリアーは、自分で探したものをルーフに架装したお気に入りのもの。仲間家族のものも合わせ、10人分のスキーを積むことができる。

「次のクルマとして興味があるのは、茶色のランドクルーザー・ヘビー系70シリーズ 発売30周年車のMT。どんなクルマに乗るにせよ、今使っているキャリアーを引き継ぎたい」と話す。ちなみに武田家の2階の軒下は、ランドクルーザーにキャリアーを装着したギリギリの高さで設計されている。荷物を載せたら入れない。

さて、外からだと分からなかったこの家の構造も、ちょっと敷地の中に入ると、複雑な作りがすぐに見える。見上げると、吹き抜けを太いチューブが何本も走っているのだ。家の構造は、敷地の南北を5つに割って、南、中央、北の3つの棟を作り、それぞれの棟をチューブ状の廊下や階段室でつないだもの。しかも、チューブは上下、左右に斜行しているので、形状は複雑である。普段は平面図で家の間取りを説明するが、今回はあえて断面図を使ったほどだ。

正面から見ると分からないが、3つの棟を斜めに走るチューブでつないだ、複雑な構造の武田邸。

チューブが交差する家

さて、家の中心となるのは、中央棟の2階にある天井高が3mほどあるリビングルーム。1階の玄関(南棟1階)から、階段を上れば、必ずここにたどり着く間取りだ。そしてこのリビングからは、同じ階のダイニング(南棟)と、子供部屋(北棟)、そして3階の寝室(北棟)と、前述の玄関へと合わせ合計4本のチューブが伸びている。武田さんが建築家にお願いした、「数値的に広くなくていいから、広さを感じられるリビングと、そこを介して各部屋に行く構造」を実現させた形だ。そして中央棟の3階は、家事動線を考え、風呂、トイレ、洗面、洗濯機置き場、物干を1か所にまとめた水回り。ここから北の寝室と南のダイニングへ2本のチューブがつながっている。

3m近い天井高のあるリビングがこの家の中心。ここから4本のチューブが伸びている。テレビは木製の枠の中に入れ、B&Wのスピーカー配線は床下に隠した。小さな部屋として使えるように、チューブの一部に棚を設けた。
階段にぶつからないようにするため、キッチンは台形。「慣れると不都合はない」とか。食器棚もエアコンも、全て引き戸で隠せる。キッチンからは、遠くの子供部屋の雰囲気も分かる。ダイニングの照明は、ガラス作家のイイノナホさんの手作り。
玄関脇の予備室は、いつの間にかSnap onの工具箱が置かれた武田さんのコレクション・ルームに(右下)。奥に見えるのは、皆川明デザインの、通称「ペルホネンチェア」。
ベッドルームの一部を書斎としたが、「カフェのようなダイニングで勉強することが多い」そうだ。
武田さんはフィギュアが趣味で、建築家に飾れるところを多く作って貰えるように依頼。

住宅密集地だが明るい

武田邸は、中庭に面した窓から、チューブに反射した光が室内に入る仕組みになっている。そのためそれぞれの部屋は明るい。すぐ近くに、隣家が迫っているのを忘れるほどだ。そのうえ窓から空や隣家の壁など外部の景色が見えるので、狭さは感じない。

チューブは、大人が荷物を持って通るのがやっとの部分もあれば、壁に棚が設けられ、ちょっとした部屋くらいの幅のところもある。しかも、水回り以外はこの家には扉が存在しない。だから、直接顔が見えなくても、家族の気配を感じるものだ。形は入り組んでいるが、ひとつの大きな部屋に居るような感覚である。加えて家の中での移動距離が長いので、延床面積よりもはるかに広い家のように感じられた。

建築家の竹口さんは説明する。「南イタリアやギリシャには、細い路地が入り組んだ集落がいくつもあります。道がカーブして先が見えないと、その先に何があるかワクワクするとともに、広がりを感じるものです」。

そうした集落の仕組みを家の中に組み込んだのが武田邸である。もっとも、こうした変わった形を最初から目指していた訳ではない。建て主が出した機能面の要求を、建築家が優先順位をつけて設計した結果、できあがったのがこの家だ。お子さんたちが成長して、学校の友達たちが遊びに来るようになったら、間違いなく人気の家になるだろう。

もしもの時に備えて

武田さんたちの家は、家の中に居ても、窓から隣家や、場所によっては道行く人の脚が見える。逆にこれは、外部から家の中の雰囲気が少し分かることを意味する。かかる設計になったのは、この家が東日本大震災の前後に設計・施工されたことと大きく関係している。震災時、知らない者同士が急に助け合い、それまで全く行き来が無かったお隣さんと知り合いになることが起きた。竹口さんたちはこの教訓を設計に活かし、近隣との接点を設けたのだ。

しかもこの地域は、南海トラフ巨大地震が発生した場合、2mほど水没することが予想されている。鉄製の脚で2階以上のスペースを支える作りとしたのは、そのためだ。この鉄製の脚は、6.5cm角の無垢材で、何かの理由で一本を失うようなことがあっても、家の構造を保つ強さを備えている。

あれからもうすぐ7年。もしものことに備えて家を建てることを、我々は少し忘れてしまっているのかもしれない。

■建築家:竹口健太郎+山本麻子 共に1971年京都府生まれ。京都大学大学院修了後、アルファヴィル一級建築士事務所を共同設立。個人住宅だけでなく、商業施設、宗教施設などを手掛ける。代表作は「カトリック鈴鹿教会」。作品は国内だけでなく、海外のメディアでも紹介され、国際的な賞の受賞経験も。神戸大学や京都大学で、後進の指導にもあたっている。

文=ジョー スズキ 写真=山下亮一

(ENGINE2018年3月号)

 
 
 

総合アクセスランキング

最新の人気記事

PLAYING トップへ