ENGINE WEB

SPECIAL
特集

ENGINE名物 2019年版、エンジン・ホット100!

“良い・悪い”あるいは“正しい・間違っている”ではなく、“欲しいかどうか”を唯一絶対の価値基準として自動車批評のプロたちがクルマ選びをしたら、どんなランキングができるのか。

今ではENGINEの名物企画となった「ホット100」は、そんな単純な興味から生れたものだ。ワイン批評をなりわいとするロバート・パーカーが元はといえば単なるワイン好きであるのと同じように、クルマ批評をなりわいとする者もまたその原点はといえば単なるクルマ好きである、という至極当り前な真実がその発想の根底にある。

さて、平成から令和への時代の変わり目にあって、クルマもその存在のあり方が問われる大きな節目を迎えているのは、ご承知のとおりだ。もちろん、クルマ好きの欲望だってそれに影響されないわけがない。実際、今回の「エンジン・ホット100!」では、大異変が勃発した。

果たして、どんなクルマがどんな欲望を刺激し、ランキング入りを果たしたのか。ENGINE WEBにて、上位に輝いた10台をご覧ください!