ENGINE WEB

PLAYING 2019.5.31 

都市住宅はアイデア次第。ジープ・パトリオットと池袋の家。/クルマと暮らす20

都市生活は便利で刺激的だが、都会で一軒家、しかもクルマも所有となるとハードルは高い。しかし、アイデアを駆使して、実現した人々がいる。ここはカフェか、いやオシャレな美容室か。街行く人が思わずなかを覗きこみたくなる池袋の家。そこはまるで街のオアシスみたい。

カフェのような家を

「都心に住むメリットは、近くに魅力的なお店が多数存在すること」そう話すのは、東京の西池袋に居を構える公務員のMさん(56)。都会風の洒落た店舗も散見される、池袋駅まで歩けるエリアに住んでいる。こうした土地柄のうえ、モダンな外観や南国風の植栽と相まって、M邸の外観はまるで商業施設のようだ。

Mさん夫婦は都会の生活を好み、生まれ故郷とも勤務先とも異なる、西池袋のマンションで暮らしてきた。だが、本当に欲しかったのは一軒家。長いこと土地を探し、運命的に巡り合った場所に建てたのがこの家である。Mさんたちの家作りに対する要望は最初から明確だった。まず土地は、歩道のある大きな通りに面した横に長い形。建てるのは、カフェや美容院のような外観で、通りから内部が見えるオープンな作りの、光が入る明るい家。よくある上方向に階を重ねた家ではなく、横に長いプロポーションが希望だった。設計は、国際的に知られる建築家の乾久美子さん。男性のMさんにとって、女性ならではのアプローチで、予想を超えた化学反応を期待したのが最大の依頼理由だ。個性豊かな家を希望するMさんは、乾さんの大胆でスタイリッシュな提案に賭けたのである。

奥行3m幅10mのM邸。2階のリビングの天井は低いが、圧迫感は無い。
家具類は部屋の雰囲気に合ったユーズドのものを探した。
長男の誕生祝いの鎧は、玄関スペースに一年中飾られている。

とはいえ、家が完成するまでの道のりは平坦では無かった。多くの建て主がそうであるように、予算の問題に直面したのである。それでもMさんの、著名な建築家の手掛ける、クリエイティブな家に住みたい気持ちは変わらない。そこで、当時乾さんが教えていた東京藝術大学の研究室の助手やゼミ生が設計を手伝う手法を採った。設計コストを下げることができるうえ、ゼミ生はめったに経験できない現場を体験できるので、双方にメリットとなる解決策である。ところでMさんにとって、クルマは無くてはならない存在だ。これまで気に入ったクルマを10年で乗り換えるスタイルを続けてきた。30歳で手に入れたのは、日産フェアレディZ・Tバールーフ。40歳からの10年はジープ・チェロキーに。ブルースやウエスタンが好きなMさんにとって、背中が立つジープのドライビング・ポジションは、乗馬時の姿勢を連想させるご機嫌なものだという。そして50歳からは、正面からの顔つきを気に入っているジープ・パトリオット(2007年型)に乗り続けている。全てのクルマで、革シートにこだわった。

ジープでの意外な行先

そんなMさんのカーライフはユニークだ。クルマに乗るのは、短い距離ではあるが、池袋駅までの送迎が中心。毎朝奥さんの助手席で駅に向かうだけでなく、自らお子さんたちを送ることもある。基本的に都内の移動が中心で、遠くてもせいぜい横浜止まりとか。それでも都心でジープに乗る理由を、「アメリカンなスタイルが好きだから」と説明する。なるほど。ファッションにしても、インテリアにしても、Mさんはアメリカンだ。納得できるものがある。

63㎡の敷地であるが、Mさんにとって自宅にガレージは必要不可欠なのだ。M邸で解決すべきは、車庫問題だけではない。現在音大生の長男は、防音が施された部屋でのピアノの練習が欠かせない。そして長女は高校生。にもかかわらず、このエリアは木造だと2階までしか建てられない。家族4人が暮らせるスペースを2階建てでは確保できないため、コストは嵩むが、建蔽率目いっぱいに家を建てない、鉄骨造の3階建てのプランを選択している。その代わり、コスト削減に絶大な効果となる、天井の低い家とした。たしかにM邸の天井は低く、生活の中心となる2階のリビングダイニングでは、簡単に手が届く。しかしこの部屋では圧迫感を感じるどころか、広がりと心地良さが感じられる。軒を工夫した結果だ。

心地良い軒下空間

モダンな建築に軒とは意外かもしれないが、乾研究室で発見したのは、「軒下周辺の空間が居心地良くなる」こと。そこでM邸では、3つの階それぞれに軒(天井と一体になったコンクリート構造)を設けるとともに、その角度を工夫した。例えば、2階の天井は、リビングの南側(上写真の右手)は低いが、道路に向かって高くなり、その続きが上を向いた軒となっている。しかもその軒が家をぐるりと囲み、上の階のバルコニーも兼ねている。窓も大きく数も多く、結果、屋外の見える範囲まで我が家のような、得も言われぬ開放感が生まれた。また、学生たちはアイディアを出すだけでなく、時には自分たちで施工の一部を手伝い、コスト削減に貢献している。例えば、各個室に収納を作れなかったので、3階の階段脇のスペースを共同のクローゼットとしたのは学生たちの案。古着屋のように服を吊るせるよう、学生たちは考えた。リビングダイニングの照明も、天井裏の配線を行わず、コンセントから直接電源をとった灯りを、天井に打ち込んだフックから下げるよう、自分たちで仕上げている。

側面から見ると、庇の角度が階ごとに異なるのが分かる。
積み重なった箱の中身は、Mさんのウエスタンブーツ。
3階の階段脇の空間は、オープンなクローゼットに。
グランドピアノが納まる長男の部屋は、階段下にベッドを置いた。

街の景観にも貢献

将来息子さんがクルマを持った時の2台目の駐車スペースは用意できなかったが、学生たちも頑張って完成させた家は、Mさんたちの期待をはるかに上回るものとなった。設計した建築家の乾久美子さんにとっても重要な作品のひとつとなり、国内外の展覧会で紹介されている。建物の魅力だけではない。家の植栽がもたらす雰囲気も、街の景観を良くしているとMさんは自負している。自分の家を美しく作って通行人に見せ、街の美化に貢献する発想は、海外には多いが日本では馴染みが薄い。だが、Mさんたちの目指しているのはそこだ。わざわざ大きなヤシの木(重さ1トン!)を遠方から取り寄せ、通りに面した庭を作った。この木々がもたらす効果は大きい。玄関脇のベンチに遊び心でカフェの看板を出したM夫人も、「本当にカフェか事務所と思われているようで、ベンチに座って和んでいる近所の方も多い」、としたり顔だ。街に素敵な家が登場したのは、間違いない。

■建築家:乾久美子 1969年大阪生まれ。イエール大学大学院修了。青木淳建築計画事務所勤務を経て独立。代表作は日比谷花壇日比谷公園店(写真)など。国際的に知られ、現在横浜国立大学の大学院で教鞭をとる。 ■市川竜吾 1980年長野県生まれ。東京藝術大学大学院修了。 乾久美子の事務所を経て独立。建築事務所を共同主宰。首都大学東京特任助教。

文=ジョー スズキ 写真=山下亮一

(ENGINE2018年3月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

PLAYING トップへ