ENGINE WEB

CAR 2019.5.15 

[海外発表リポート] いまできることを考える。ボルボが新しい〝安全宣言〞を発表!

ボルボが、「全車に180 ㎞/hまでの速度制限を導入する」という発表に続いて、さらに一歩踏み込んだ提言を世界に向けて行った。スウェーデンのイエテボリからリポートする。

ボルボの「オフセット・クラッシュ・テスト」の動画はこちら

「バンッ」という大きな爆発音がして、アッという間に実験は終わった。辺りにはひしゃげたバンパーや鉄片、パーツ類が飛び散っている。いつ見てもクルマの衝突実験はすさまじく、背筋がゾッとする。固定障害物に80㎞/hで衝突させるオフセット・クラッシュのテストだったが、実験車両のフロントは、ここまで潰れるのかと思うほどグシャグシャで、これがXC90と言われてもわからない状態だった。ボルボは3月20日、月はじめに2020年以降のすべてのボルボ車の最高速度を180㎞/hに制限すると宣言したことに続いて、安全にかんする重要な施策の発表を、世界中からメディアを集めてイエテボリで行った。公開衝突実験は、その発表イベントの最後のプログラムとして行われた。重要なのは、この実験がたんにボルボの優秀さを証明するためのものではなく、いまいちど安全について考えてみるべきだという、発表に立ち会ったメディアに向けてのメッセージでもあったということだ。ボルボはいま、それほど安全について危機感を持っている。

日本の交通事故の死者数は年間3700人ほどで推移しており、長期的に減少傾向にあるが、世界的にはまったく楽観できない状況にある。WHO(世界保健機関)の発表によれば、毎年135万人が交通事故で命を落としているという。これは24秒に1人が事故死していることになる。さらに2016年の統計によれば、直近の3年間で10万人も増加しているのだ。

発表会の最後のプログラムとして、公開衝突実験も行われた。写真はホーカン・サミュエルソンCEO。

衝突後のダミーの様子。

搭載されていた実験機材(こんなに積んでいたとは!)。

ビジョン2020

ボルボは2008年に、2020年までにボルボ車の交通事故による死亡者、重傷者をゼロにするという「ビジョン2020」を発表したが、達成計画年に実現することは不可能だということを十分認識しているという。今回の一連のボルボの発表は、目標達成の障害となっている主要な事象を明確にし、自社のみならず自動車業界全体で取り組む必要性を訴えるものだった。ボルボによると、その障害は3つある。ひとつは「速度超過」だ。一定の速度を超えると、もはや安全装備やクラッシャブル構造では対応しきれないというもので、先に発表された180㎞/h制限はこうした問題に対応するひとつの方法だと考えられている。ただし、これは自動車業界、特に欧州のメーカーにとっては諸刃の剣でもある。最近でこそ250㎞/hでリミッターが作動するクルマが多くなっているが、ドイツのアウトバーンには現在も速度無制限区間があり、高速走行性能の高さがクルマの大きなバリューになっているからだ。

そうしたことを理解した上で、さらにボルボが提唱するのは「スマート・スピード・コントロール」という考え方だ。これは、GPSを使って病院や学校周辺などの特定区域に入ったクルマに速度制限をかけるというもので、自動運転とも関連する技術として注目されている。実際に発表会場でシミュレーターで試してみたが、知らない街や不案内な道で不測の事態を避ける方法として有効だと思った。また、特定のドライバーの速度を制限する方法として、「ケア・キー」の導入も予定されているという。これは、運転経験の浅い家族や友人に自車を運転させる場合に、キーを介して任意に速度制限を行うことができるというシステムで、現在もすでにオプションとして使用できるモデルもある。

ゲストを前にして行われたオフセット・クラッシュ・テストのまさに衝突した瞬間。爆発したかと思うほどの破裂音が、衝撃の凄まじさを物語っていた。実験に使用された車両は現行モデルのXC90。今回の衝突時の速度は80㎞/hで、これはコンシューマー・リポートなどのテストと比べると、衝突時のエネルギーがプラス50%にもなるという。発表イベントに組み込まれていたが、正規の試験として行われ、試験データーも収集された。衝突地点の床はガラス張りになっており、真下からもハイスピード・カメラの撮影が行われている。

2020年以降、すべてのボルボ車の最高速度を180㎞/hに制限する施策と連動させることで大きな効果が期待できるのが、飲酒や薬物使用による酩酊や、注意散漫などのドライバー自身の"人間行動"に焦点を当てた取り組みだ。この写真はそのイメージCGで、ドライバーの表情を左右のAピラーに設置したカメラで読み取って解析し、注意喚起する。

左側のAピラーの上部にカメラがある。

乗員を読み取ったカメラの映像。来年を予定している次世代プラットフォームの導入に合わせてカメラを装備するという。

飲酒と薬物

もうひとつは「飲酒や薬物使用による酩酊」だ。日本でも飲酒運転は警察によって厳しく取り締まられているが、それでも死亡事故の原因として無視できないという。北米ではすべての交通死亡事故の約30%が飲酒や薬物による酩酊が原因とされ、深刻な問題になっている。これに対してボルボは、2021年から製造される次期プラットフォームを採用する車両のすべてに車内カメラを設置し、今後さらに検討を重ねた上でセンサーと連動させてドライバーの状況を監視し、酩酊状態と判断した場合は警告し、警告に反応しない場合は運転に介入して速度制限を行い、最終的には車両を停止させるという。監視という言葉には正直、抵抗がある。が、同じ技術で対応できる、3つめの障害としてあげられている「注意散漫」の場合を考えると、有効な技術だと思った。たとえば居眠り運転や急病による意識喪失などは、現在でも頻繁に起こっている。ドライバーをモニターすることはプライバシーの問題もあるが、今後は必要になっていくと思った。

今回のボルボのこうした発表は、ボルボだけでは解決できない問題に、業界全体、あるいは社会全体で取り組んで行こうという提案でもある。「いまできることを考え、行動を起こすことが必要だ」と。そのためにボルボは、自社で蓄積してきた膨大な事故調査データを元に作成した100件を超える安全にかんする研究論文を、無償で公開することを決めた。3点式シート・ベルトからはじまったボルボの安全技術のすべてがこうした研究開発から誕生したことはいうまでもない。ボルボはそれだけ真剣だというわけだ。

発表会場の映画スタジオに用意されていたドライビング・シミュレーターで「スマート・スピード・コントロール」を体験。モバイル端末のGPS機能を活用して、地図上にバーチャルなフェンスを設ける「ジオフェンス・テクノロジー」を利用して、特定の場所(学校や病院、事故の起こりやすい所など)にスピード・リミットをかける。自動運転技術と密接に関連しているが、将来的に先行して導入できるかどうか調査中だという。

ボルボに自社による事故調査チームがあるのはよく知られている。

今回、3点式シート・ベルトの特許の公開から60年が経ったのを記念して、「EVAプロジェクト」の開始が宣言された。これまでに調査チームが収集した4万台以上の車両と7万人以上の乗員の事故データに基づいて作成された100件を超える研究論文を、無償で公開する。クラッシュ・テストのダミーでは得ることができない貴重なデータの蓄積を、自動車業界だけでなく、広く社会の進歩に役立てるものだ。

壁面全体に映し出されているのは、1959年から始まるボルボの"安全の歴史"だ。エンジニアのニルス・ボーリンがPV544用の3点式シート・ベルトを開発した当時、特許を公開すべきかどうか議論があったという。その上で「経済的な利益よりも社会の進歩を優先する」という理由で特許を無償公開。安全がボルボのブランド・アイデンティティーになるファースト・ステップとなった。1972年の後ろ向きチャイルド・シート、1991年のSIPS(側面衝撃吸収システム)、2008年の低速用追突回避軽減オート・ブレーキ・システムなど、年表からは、つねに安全をリードしてきた歴史がわかる。

180㎞/h制限に続く施策として、2021年以降のすべてのボルボ車に標準装備されるのが「ケア・キー」だ。家族や友人などで経験の浅いドライバーが運転する際に、車両の最高速度を制限することができる。

文=塩澤則浩(本誌)  写真=ボルボカー・ジャパン

茶の湯の世界を気軽に満喫。〝茶事〞レストランを楽しむ!

オープンカーを無限大に楽しむアイテム、大集合!

フェンディが創造する、ファーの世界。

CAR トップへ