ENGINE WEB

WATCH 2019.5.15 

ウブロにフェラーリ・モデルのためだけの新デザインが登場!/菅原茂が選ぶバーゼル新作3

様々な個性があふれる「バーゼルワールド」。その見本市を四半世紀以上も見てきた菅原茂と、ENGINE編集部時計担当の中村光宏が押しの新作を紹介します。今回は車好きのための限定モデル3本が登場。2人の推薦コメントは必読です!

HUBLOT/ウブロ
クラシック・フュージョン フェラーリGT 3Dカーボン

今年もクルマの世界観を時計で表現する新作はいくつも目に入るが、極めつけは、ウブロのフェラーリ・モデルだ。時計デザイナーではなく、フェラーリのまさにクルマのチームがデザインした新型ケースは、「クラシック・フュージョン」では初めてであり、ウブロのコレクション全体でも今までにない異色のスタイリング。斬新な3Dカーボンファイバーの使い方も注目すべきポイントだ。

「クラシック・フュージョン」では初めてウブロの自社製自動巻きクロノグラフ・ムーブメント「ウニコ」を搭載。フェラーリ・レッドが3Dカーボンファイバーに鮮烈なアクセントを添える。ケース直径45㎜、10気圧防水。世界限定500本。税別予価289万円。9月発売予定。問い合わせ=LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ Tel.03-5635-7055

ENGINE時計班の2人がリコメンド!

■菅原茂■ウブロ自社製エンジンがフェラーリ・モデルを駆動する。

フェラーリ・チームのデザインに搭載する最適のエンジンは、ウブロが誇る自社開発製造の「ウニコ」以外に考えられない。なんといってもこのエンジンは、自動巻きで約72時間の長時間パワーリザーブがあり、クロノグラフ機能の作動中にリセットと再計測のスタートが瞬時に行えるフライバック機能も備わる名機。まさにクルマと時計の理想的な一体化の手本のようだ。

■ENGINE編集部・中村光宏■フェラーリを愛する情熱が伝わってくる。

時計担当をしているが、私もクルマ好きの端くれ。『サーキットの狼』を熟読した時からウン十年、フェラーリには特別の憧れを抱いている。一昨年登場した「テクフレーム」に続き、またも専用デザインを投入したウブロにとっても、やはりフェラーリは特別に違いない。クラシック・フュージョンを名乗るが、デザインは完全なオリジナル。丸みを帯びたケースは手首へのフィット感も最高だった。

こんなのもありました!
クルマ好き必見の限定モデルが目白押し!

PORSCHE DESIGN/ポルシェ デザイン
911 クロノグラフ タイムレスマシン リミテッドエディション

ポルシェ デザイン社の創始者F.A.ポルシェがデザインした名作「911」を称える"タイムレスマシン"は、漆黒ダイアルに911のシルエットを描き、スモールセコンドにTIMELESS MACHINEと記す。自動巻き。チタン、ケース直径42㎜、10気圧防水。世界限定911本。税別76万円。問い合わせ=ノーブルスタイリングギャラリーTel.03-6277-1600

JACOB & Co./ジェイコブ
エピック X クロノ カーボン ブガッティ

パートナーシップを結ぶブガッティの110周年を記念して、「エピック X」の精悍な特別仕様クロノグラフをデザイン。ダイアルのトリコロールも印象的だ。自動巻き。チタン×カーボン、ケース直径47㎜、200m防水。世界限定110本。税別予価450万円。8月発売予定。問い合わせ=ユーロパッションTel.03-5295-0411

文=菅原茂/中村光宏(ENGINE編集部)

WATCH トップへ