ENGINE WEB

FASHION 2019.5.13 

オープンカー・アイテム♯2〝カーディガン〞プレッピーで品よく。

薄手で動きやすいカーディガンは、オープンカーでのドライブに最適。シックで上品、それでいてプレッピー調の若々しさも演出できる。素材のいい大人の1着を吟味したい。

ZANONE

ネイビーのリブ編みニットにメタルボタンを配した、キリッと引き締まった表情のコットンカーディガン。裾や袖のリブにラインを入れることで、さりげないスポーティさや爽やかさを加えている。ジャケットがわりに羽織って、十分にサマになる1着だ。カーディガン6万4000円、シャツ3万8000円(ともにザノーネ)、パンツ3万7500円(インコテックス/すべてスローウエアジャパン Tel.03-5467-5358)

 

 

Letroyes

透け感のあるレーシーな編み柄と、ストライプ状になったトリミングが絶妙なコントラストを描くチルデンセーター。スポーティさを活かして、さまざまなレイヤードスタイルで活躍しそう。もちろんジャケットのインに挟んでもいい。カーディガン2万8000円(ルトロワ/ビームス 六本木ヒルズ Tel.03-5775-1623) Tシャツ1万8000円(スリードッツ/スリードッツ青山店Tel.03-6805-1704)

 

 

JOHN SMEDLEY

細番手のシーアイランドコットンを緻密に編み上げ、シルクのような滑らかなタッチに仕上げたカーディガン。黒リブをフロントに配すことで、全体がキリッと引き締まるとともに、シャープな縦長シルエットを作るのにもひと役買っている。着まわし自在で、飽きずに愉しめる。カーディガン3万3000円、ニット2万4000円(ともにジョン スメドレー/リーミルズ エージェンシー Tel.03-5784-1238)

 

 

macalastair

吸湿性・通気性に優れたサマーウールに、速乾性の高いポリエステルを混紡し、季節を問わず快適に着られるよう仕立てたカーディガン。メッシュ状に編んだ生地がどこかスポーティな印象だ。スコットランドの老舗ブランド。カーディガン2万1000円(マカラスター/ブリティッシュメイド 銀座店 Tel.03-6263-9955) シャツ3万7000円(ドレイクス/Drake’s 銀座店 Tel.03-6263-9955)

 

 

RENCONTRANT

レーヨンに和紙をミックスすることで、シャリ感のある爽やかな風合いを出した黒カーディガン。フロントボタンはなく、ショールのように羽織るデザインになっているのもユニークだ。女性デザイナーによるパリ発の注目ニットブランドで、製造は日本で行っている。カーディガン2万5000円(レンコントラント)、シャツ2万4000円(ボルゾネッラ/ともにビームス 六本木ヒルズ Tel.03-5775-1623)

文=野中邦彦    写真=若林武志    スタイリング=土田拓郎    グルーミング=柳澤宏明    モデル=NIK    撮影車両=BMW Z4(BMWカスタマー・インタラクション・センター Tel.0120-269-437)

オープンカー・アイテム〝カーゴパンツ〞ちょっとワイルドに。
あくまでもジャガー。ジャガー初の電気自動車、「JAGUAR I-PACE」に乗る。
時価12億円の画集を狙った強盗事件を映画化。『アメリカン・アニマルズ』公開!!

 

 

 

FASHION トップへ