ENGINE WEB

PLAYING 2019.5.3 

諦める勇気。ローコストなのに魅力的な家のつくり方/クルマと暮らす15

横浜市の急坂の上に建つ、靴箱のようなシンプルな形に大きなガラス窓のI 邸は、 とてもローコストとは思えない魅力がある。

限られた予算は明確な優先順位でクリアする

靴箱のようなシンプルな形の構造に、大きなガラス窓がひとつあるだけの、漫画に出てきそうな姿をしたIさん(42歳)たちのお宅。こうした大胆な設計になったのは、サラリーマンであるIさんたちが、限られた予算の中で、明確な優先順位をつけて家作りをしたからに他ならない。この大きな窓のプランを実現させるため、他の多くのことを諦めた。結果、ローコストだが、それを全く感じさせない魅力的な家が誕生したのである。

緑の多い公園に接して建っているので、外観を白く塗ると人工的な雰囲気が強調されるため、周囲の緑と調和するよう「野兎の色」を外壁に選んだ。ローコスト住宅ではあるが、建築家の岩﨑浩平さんと阿部任太さんは、こうした点にまで拘った。駐車スペースは、2台分ある。

それまで東京でマンション住まいをしてきたIさん夫婦が、家を建てたひとつの理由は、ガレージのある家で暮らしたかったから。二人共に地方出身者で、クルマがあって当然の環境で育った。しかし、東京に出てきて自動車の無い生活を続け、そろそろクルマのある生活に戻りたかったという。そして見つけたのが、横浜市の急な坂を上った丘の頂きにある104㎡の土地だ。日当たりのよい南と東は隣家に接しているが、西は敷地を迂回する道路で、北はその道を挟んで緑あふれる公園を見下ろす立地である。運が良いことに、少々有利な条件で手に入れることができた。設計は、友人の後輩にあたる岩﨑浩平さんと阿部任太さんが主宰する建築事務所、EANAにお願いしている。当時は独立間もなく、二人にとって最初の個人住宅の設計である。多くのエネルギーが、この家のために注がれたのは間違いない。 

さて、建築家の岩﨑さんたちは、コストを抑えるため、シンプルな形の家にすることを提案。敷地は変形地だが、それに合わせるのではなく、「羊羹のような」単純な形を選んだ。これが敷地の西寄りに、南北に建っているのである。余ったスペースは車庫と前庭にし、コストのかかる、フェンスや門扉が無くても成り立つデザインにした。レイアウトは、1階に寝室や水回りを。天井高は、法律が定める最低の2・1mとした。逆にリビングダイニングのある2階は、斜線規制が許す最大の高さにしたため、天井高はなんと4m。この部屋の公園側の床から天井までの全面を、大きな窓としたのである。実はI邸で室内から外の景色が見えるのはこの大窓だけで、あとは通風のための窓が数個あるのみ。どれも小さいが、これで十分な換気が行われるのである。

最優先は大きな窓

この大きな窓を実現させるため、眺望の良い西側に窓を作るのも諦めた。また、玄関に上がり框を設けず、三和土(たたき)がそのまま廊下から寝室に続く構造にした。1階の予備室も、将来必要になったら後で追加すれば済むと、ドアも付けない潔さだ。一方、大きな窓はペアガラスで、幅は3・4mと巨大なサイズ。ブラインドを開ければ、向かいの公園の緑が目に飛び込んでくる。遊びに来た親戚が、「別荘に来たみたい」と感想を漏らしたのも納得だ。この景色のお陰で、「都市で暮らしているが、田舎のようなのどかさがある」とIさんは話す。しかも公園の木々は落葉樹なので、冬になると葉が落ち、窓は北向きでも室内は十分に明るい。その時期、遠くに高層ビルが見える眺めもなかなかだとか。

大きな窓がある家が好きなことを建築家に事前に伝えていた。竣工以来6年間、窓の掃除はしたことがないが、汚れは全く気にならない。内部から外が見える窓はここだけで、あとは通風のための小さな窓が数個あるのみ。通りから家の中が見えないよう、下からも閉まる機能を備えた高価なブラインドを、施主支給で付けている。
玄関は上り框が無く、ベビーカーや自転車をそのまま室内に入れられる。
大きな窓の向こうに、緑あふれる公園が見えるリビング。天井が高いので、床面積以上に広さが感じられる。ダイニングとリビングは、下の階からの階段の手すりがよい目隠しになっており、大空間が上手く隔てられている。ダイニングの照明は前の家から。
3階のベランダとの境は、ガラス窓になっており、夜は室内から月が見えることも。3階のルーフテラスの壁にある穴は、物干竿を刺すためのもの。これも建築家の拘りである。

I邸の2階は、この大窓を活かす間取りになっている。シーリングファンが回るリビングダイニングは、仕切りのないひとつの大空間。その広々感は、相当なものだ。しかも1階からの階段の手すりは、窓側のリビングと南側のダイニングキッチンを分ける、ちょうどいい目隠しになっている。キッチンの上は洗濯物を干すバルコニー。境となる部分にはガラス窓を採用したので、南からの光も入ってくるうえ、さらに空間的な広がりを感じるものだ。ローコスト住宅にもかかわらず、I邸がけしてそう見えないのは、優先順位をつけた上に、建築家がディテイルにまで拘っているからである。さらに、建築費の中で対応が難しいものの、Iさんたちが強く希望したものは、建て主が建築費とは別の財布で購入して提供する「施主支給」で対応したことも大きい。実は、Iさんの仕事は、オフィスなどのインテリアデザイン。仕事での関係を活かし、安価で入手できるものは自ら調達した。例えば、2階からベランダに続く鉄製の階段も、岩﨑さんたちが設計したが、Iさんの取引先が製作し、建て主が支払ったものである。またセンスの良い施主夫婦が以前から使っていた家具や調度品を、新居に移っても捨てなくて済む設計を建築家は行った。こうしてIさんたちが希望した、シンプルだが優雅な家ができ上ったのである。

優雅さは、クルマ選びの折にも重要だった。6年前に家が完成したと同時にやってきたのは、ランドローバー・レンジローバー4・6HS(2001年型)。SUVの中でも、四駆の王様と呼ばれるレンジローバーの、余分なものは無いが、上品な雰囲気がIさんの好みである。もちろんレンジローバーと暮らすと、「大変なのは最初から分かっていました。ですが、私は凄く便利なものよりも、少々手間のかかることを楽しむたちなので」とIさん。こうした考え方だからこそ、極力無駄を省いた家でも楽しく暮らしていけるのだろう。

さて、予想通り、クルマがやってきてIさんたちの行動半径は広がった。買い物だけでなく、スキーやサーフィンも楽しんでいる。駐めるスペースもあるので、近い将来、トレーラーを手に入れて旅に出ることを考えているとか。両親の影響か、3歳になる息子さんもミニカーが大好き。子供の頃は父親のクルマに乗って、遠い距離、お祖母様の家に遊びに行くのが夏休みの最大のイベントだったと奥様は話す。それが今は、家族三人でレンジローバーに乗って、お祖母様のところまでロングドライブで訪れる夏休みを送っている。このエピソードを聞いて、限られた予算でも、色々と工夫してガレージのある家を建てることの意義を、強く感じたものだ。

EANA:共に精華大学を卒業し、建築家の新井清一の事務所で働いていた岩﨑浩平(1977年、兵庫県生まれ)と、阿部任太(1979年、福岡県生まれ)の二人が2009年に設立した建築事務所。住宅・集合住宅だけでく、近年は保育園や動物病院の設計でも注目される存在に。社有車は、ゼニス・ウインドウのシトロエンC3。

文=ジョー スズキ 写真=山下亮一

(ENGINE2018年9月号)

家のクルマも新し過ぎないほうがいい。錆のガレージハウス/クルマと暮らす01

絶景シチリアを体感する、とっておきのドライブ

大トルクとエンジン音の静かさ、幸福感に包まれるレンジローバー

PLAYING トップへ