ENGINE WEB

PLAYING 2019.5.1 

ワーゲンタイプ3×360度ガラスの家。愛車の縁でかなった湘南ライフ/クルマと暮らす14

360°ぐるりと緑に囲まれた小田原の板倉邸。室内は明るく、風通しがすこぶるいい。その秘密はパズルのように動くパネルにあった。

ゆったりとした空気が流れる、海からほど近い、小田原市の住宅と農地の入り混じったエリア。そこに建つ全面ガラス張りの板倉孝明(43)さんたちの家は、ひと目で建築家の手によるものと分かる外観をしている。設計を手掛けたのは、シーラカンスアンドアソシエイツ トウキョウ。地元で働く仲の良い普通の夫婦が、東京の名の通った建築事務所に仕事を依頼したのは、愛車であるフォルクスワーゲン・タイプ3 バリアント(1966年型)がとりもつ縁だった。

タイプ3の顔を拝まなければ、家に入れない板倉邸。1階の床を下げているので屋根の位置は低く、平屋と見紛うほどのサイズ感だ。屋根の上は、洗濯物を干すスペース。

このクルマが板倉家にやってきたのは19年前のこと。夫婦でドライブ中にタイプ3とすれ違って一目惚れし、フォルクスワーゲン専門店を通してアメリカにオーダーした。黒いボディに白い内装など、好みのスタイルに仕立てられたクルマが届いたのはそれから一年後のこと。湘南地方は古いワーゲンに乗っている人が多く、道ですれ違うと知らない者同士でも挨拶する習慣があるそうだ。「クーラーが付いていないので、夏は大変です。三角窓まで開け、外から見えない足元で扇風機を回しても暑いままですが、それを悟られまいと笑顔で手を振り返しています」と、奥様の節子さん。この家が建つ以前は、海沿いのアパートに住んでいたので、ボディの所々は錆びているが、そのままにして直さないのは、多くのワーゲン乗りに共通するところだ。板倉さんは最初、このクルマを通勤の足にしていたが、「今は通勤に自転車を使っていて、月に数度しか乗れていない」と、少し申し訳なさそうである。そしてこのタイプ3でお世話になった専門店の、メカニック氏の自邸を設計したのがシーラカンスアンドアソシエイツだ。その独創的な設計に魅せられつつも、板倉さん夫婦は多くの建て主が共通して持つ不安に襲われた。つまり、比較的規模の大きな建物が中心の「こんな有名な建築家に」「サラリーマンという予算の限られた立場で」設計をお願いして良いのかと。だが結果は、案ずるよりも、である。東隣に農家の営む柿畑が広がるロケーションなどを気に入ってもらい、仕事を請けてくれたのである。

家の周りには、板倉さんが3日ほどかけて700枚の芝生を植えた。ガラス窓には幾つか開口部があり、心地よい風が抜けていくとともに、大きな荷物も搬入できる。
柿畑の借景を上手く利用し、明るく開放感のある家に。床を下げた70㎝は、一般的なテーブルの高さでもある。食卓を窓際に寄せれば土台部分と高さが合い、さらに空間の有効利用ができる。
イームズチェアを含め、板倉さんはオーソドックスなものを長く使うのが好き。

 板倉さんたちが希望したのは、明るく、景色が良く、収納に殆どのものが収められる、風通しの良い家。いくつかあった提案から選んだのは、コンクリートの基礎をそのまま利用して、一階の床面を地面より70㎝低くし、基礎の最も外側と屋根の間にぐるりとガラス窓を配したプランだ。これであれば無駄になる構造や空間が存在せず、コスト削減にもつながる。しかも窓の向こうに広がる柿の木の幹が目の前で、遠くまで視線が抜けるのが心地よい。外部の木々の緑が映えるよう、室内のコンクリート部分は黒く塗られた。奥様の背丈に合わせて作られたキッチンは、この柿畑を正面に望む特等席。台所仕事をしていると、近所の猫たちが目の前の芝生の庭を横切っていく。なんとも長閑だ。

意外に簡単な窓掃除?

もっともこれだけ窓が広いと、掃除が大変ではと誰もが思うことだろう。ところが「外側は窓の位置が低いので簡単に掃除ができ、さほど負担にならない」「外は年に2、3回ワイパーを使って洗う程度。内側はあまり汚れないので、殆ど掃除をしない」とか。あとは、たまに生じる冬場の結露を拭き取る程度というのだから、大きな苦労はないようだ。ちなみに、薄いカーテンで外部からの視線を遮ることができるうえ、遮光カーテンも備わっているので部屋を真っ暗にすることも可能である。

ソファの向かいの引き戸の裏に、テレビが隠されている。巨大なワンルームのため、エアコンは2台で済む。冬は床暖房が入る。
家の中央部は白い扉で囲われた収納。引き戸を動かせばトイレや冷蔵庫が現れる。
全面ガラス張りなので、当然室内からもタイプ3の姿が見える。開放感溢れる板倉邸だが、バスルームはカーテンで囲って使用するとか。十分な湿気の対策も行われている。この間取りは掃除機でバスルームの床まで掃除できて便利、と奥様。
2階に上る階段は、中央部のウォークインクローゼットの中に。

 

板倉邸のもうひとつの特徴は、「ロ」の字型の大きなワンルームの間取りになっていること。中央部は収納スペースで、あらかじめ採寸した持ちモノがこの部分に上手く隠れるように設計されている。なかでも奥様が見えないようにしたかったのがテレビ。ソファは眺めの良い外側でなく内側を向いており、正面の白い引き戸をずらせばテレビが現れる仕組みである。他の引き戸は、1枚動かせば冷蔵庫や洗濯機、そしてトイレなどが現れるといった具合だ。しかも2枚動かせば、ワンルームの一画を間仕切り、個室を作ることができる。なんとも優れたアイデアである。こうしたシステムを採用した結果、屋外に視線が向かう、広さを感じる家が誕生した。

南と西は民家に、東は柿畑で北は農地に接している。屋根を支える柱と、大きなガラス窓の継ぎ目や、2階の手摺の柱の位置がピタリと合わさる細やかな配慮も。

ついつい家の内部に目が行きがちな板倉邸だが、タイプ3があって初めて完成する外観の意匠も忘れてはいけない。駐車スペースは幅160㎝のタイプ3がちょうど収まるサイズ。柱の位置は、扉の開け閉めに干渉せず、しかも切り返し無しで出て行けるよう、工務店で実際にポールを建てて実験して決めた。以前より乗る回数が減ったものの、「フォルクスワーゲンは、古いクルマのパーツも比較的簡単に入手可能なので、できるだけ長く乗っていきたい」と板倉さんは語る。

コスト削減のため、様々な工夫がなされた板倉邸。しかしそうした面より、楽しい住まい方ができるよう、建築家をはじめ関わった人々の知恵と情熱がつぎ込まれたことがよく分かる家だ。願わくば、タイプ3と同じくらい長く、周囲の緑がこのまま残っていたらいいだろうな。そう思ったものである。

シーラカンスアンドアソシエイツ トウキョウ:建築家原広司のもと、東京大学大学院で学んでいた小嶋一浩(1958-2016)が、同級生らと1986年に設立した建築事務所。その後、東京と名古屋を拠点とするグループ事務所に。明快な思想と哲学に裏打ちされた自由なプランニングは、特に学校建築で際立つ。集合住宅も多い。c-and-a.co.jp

 

文=ジョー スズキ 写真=山下亮一

(ENGINE2018年8月号)

 

家のクルマも新し過ぎないほうがいい。錆のガレージハウス/クルマと暮らす01

絶景シチリアを体感する、とっておきのドライブ

ハッチバックの皮を被ったレーシング・カー、メガーヌR.S.

PLAYING トップへ