ENGINE WEB

FASHION 2019.4.13 

EXILE AKIRA 乗る車×着る服 

“BMW M850i CABRIOLET”דRALPH LAUREN” featuring EXILE AKIRA

20年ぶりに復活を遂げ、昨年11月に日本上陸を果たしたBMW8シリーズ・クーペ。今回のクルマは、そのバリエーションのひとつであるカブリオレだ。グランドツーリングも楽しめるダイナミックなスポーツカーに合わせた服は、ラルフ ローレン パープル レーベルの最新ルックの数々。ストリートを感じさせるアイテムも、ブラック&ホワイトのモノトーンにゴールドを効かせたカラーリングの妙により、じつにエレガントにまとまっている。スペシャル企画の今回、EXILE AKIRAをフィーチャーしたクルマとファッションの世界をとくとご覧いただきたい!

コート44万円、ジャケット14万2000円、スウェットパンツ6万6000円(ともにラルフ ローレン パープル レーベル)シューズ7万8000円(ラルフ ローレン)
コート24万2000円、ジャケット30万8000円、シャツ6万5000円、ボウタイ1万7000円、トラウザーズ参考商品(以上、ラルフローレン パープル レーベル)シューズ7万8000円(ラルフローレン) 
パーカ49万5000円、ショーツ4万2000円(ともにラルフ ローレン パープル レーベル) シューズ7万8000円(ラルフ ローレン)
コート33万円、スウェットパンツ16万5000円(ともにラルフ ローレン パープル レーベル)シューズ7万8000円(ラルフ ローレン)

■EXILE AKIRA
2006年、EXILEにパフォーマーとして加入。EXILEの活動に加え、映画、ドラマ、舞台、声優など様々な分野で活躍中。2009年公開『ちゃんと伝える』では日本映画批評家大賞新人賞を受賞。2010年中国公開のアンドリュー・ラウ監督作品『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』でアジア映画デビュー。2016年にはマーティン・スコセッシ監督のハリウッド作品『沈黙‐サイレンス‐』に出演。アジア人初となる「ラルフ ローレン」のアンバサダーに就任、2018年に引き続き、今年もイメージモデルを務めている。

■BMW M850i xDrive CABRIOLET
「Story of Luxury」をキーワードに掲げ、新たなラグジュアリーの世界を提案しているBMW。そしてBMWの新たなデザインの時代の到来を告げるラグジュアリーなスポーツカー、その代表格となるのが20年ぶりに復活した8シリーズ・クーペだ。今回の撮影車両はM850i xDrive カブリオレ。ラグジュアリーとスポーティネスの融合を見事に実現したモデルだ。車両本体価格1838万円(税込)。問い合わせ=BMWジャパン(BMWカスタマー・インタラクション・センター Tel.0120-269-437) bmw-luxury.jp/

衣装=ラルフローレン パープル レーベル、ラルフローレン(ラルフローレン Tel.0120-3274-20)

車両協力=BMWジャパン(BMWカスタマー・インタラクション・センター Tel.0120-269-437)

ファッション・ディレクター=祐真朋樹 写真=秦 淳司 グルーミング=MAKOTO

絶景シチリアを体感する、とっておきのドライブ  トップページ

家も100年時代。ベントレーと横浜・山手のバルセロナ・パビリオン/クルマと暮らす11

独自チューニングが施されたBMW。アルピナB4は走りも乗り心地も上質

FASHION トップへ