ENGINE WEB

CAR 2019.3.23 

ボルボ初のプレミアム・コンパクトSUV、スタイリッシュで快適なXC40

〔ライフスタイル編#10〕Volvo XC40 T5 AWD R-Design/ボルボXC40 T5 AWD Rデザイン 

写真=神村聖

実に恐ろしい 清水草一

オシャレで便利で、スポーティで快適なコンパクトSUV。そんな相反する欲求が実現するはずがないのに、XC40は、本当のホントにそれができている。見た目はご覧のようにオシャレさん。力強いリヤのピラーがステキなアクセントだ。走ればハンドリングはとっても軽快。なのに乗り心地は驚くほどしなやかで、大型サルーンのようなゆっくりしたロールが快感だ。2ℓターボ・エンジンはとってもパワフルで、要はすべての操作系のレスポンスが気持ちイイ。

特筆すべきは、軽自動車のような便利装備の数々だろう。ティッシュ箱の収納やレジ袋のフック、ゴミ箱などの便利装備が、生活感なしのオシャレ感満点で実現している。まさか!である。これでもう少し全幅が狭ければ、軽自動車の代わりも務まるだろうに。惜しい。しかしこのクルマ、本当に日本の軽に学んだのではないか。そして軽を超えたのではないか。だとしたらボルボ実に恐るべし。

SUVらしからぬ走り 松田秀士

デザイン・コンシャスで安全かつ快適なSUV。XC40は、そんな言葉がぴったりな1台だ。遠出はXC40の得意技。パイロット・アシストをオンにしていれば、全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)とLKA(レーン・キーピング・エイド)によって、安全で快適な長距離ドライブができる。オーディオ・サウンドも素晴らしい。ドアにはスピーカーがないが、ウーハー機能を備えたスピーカーを足もとの奥にマウント。おかげで大きなドア・ポケットが備わっている。

パイロン・スラロームではSUVらしからぬフットワークを見せた。右に左に、スムーズなロールで駆け抜ける。揺り戻しも感じさせない。背の高いSUVとは思えない足さばきだ。Rデザインはスポーティなサスペンションを装着しているが、乗り心地も悪くない。硬さはあるが、バウンシングの収束が早い。つまり、上下動が少ないのだ。だから乗り心地に嫌味がない。人間の眼は自動手振れ補正機能を持っているから、それを使う必要もなく、疲れにくい。

バランスの良さ。上質で上品なインテリア・デザインが印象に残りました

〔読者コメント〕
良い意味で昔からのボルボのイメージが裏切られる軽快感!! 背が高くても、とても安心できる1台です。(長藤憲司さん)
想像に反して俊敏な走りだった。(杉浦公記さん)
スポーティ。SUVらしからぬコーナリング性能。(藤本治生さん)
個性的でクリーンなスタイル。(斉藤貴志さん)
インテリアのおしゃれな新世代ボルボ。乗り味もスムーズ。都会的で女性に乗らせたい。(菅沼幸博さん)
自身ボルボ・オーナーのため、最新のボルボの内装はデザインが共通で大好きです。(栗原泰夫さん)
室内の雰囲気がすごくいい。(小川憲一さん)
内装のポップさとラグジュアリー感のバランスが絶妙。最近ボルボを街で良く見かける訳が少し分かった気がする。(鈴 琢磨さん)

ボルボXC40 T5 AWD Rデザインの解説&走行動画はこちら

2018年にデビューしたボルボ初のプレミアム・コンパクトSUV。新開発の小型車用のプラットフォーム、CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)を採用。T5AWDRデザインは、ハイパワーの252馬力エンジンを搭載し、足回りをスポーティにチューニングしたモデルだ。2ℓ直4DOHC16バルブ・ターボは、最高出力=252ps/5500rpm、最大トルク=35.7kgm/1800-4800rpmを発揮。8段ATを介して4輪を駆動。全長×全幅×全高=4425×1875×1660㎜。ホイールベース=2700㎜。車両重量=1690㎏。車両価格=539万円。

〔ENGINE WEB〕大試乗会 ライフスタイル編の特集はこちらでみれます。

 

 

 

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ