ENGINE WEB

箱根ターンパイクの大観山ビューラウンジに集合したちょっと古いメルセデス・ベンツたち。参加者70人と朝礼を行った。走って楽しく、大勢が集まる場所がある箱根ターンパイクは、こうしたイベントにうってつけだ。隊列が進む姿はまさに圧巻。対向車は驚いていた。

箱根ターンパイクの大観山ビューラウンジに集合したちょっと古いメルセデス・ベンツたち。参加者70人と朝礼を行った。走って楽しく、大勢が集まる場所がある箱根ターンパイクは、こうしたイベントにうってつけだ。隊列が進む姿はまさに圧巻。対向車は驚いていた。

30万㎞以上の人をみんなで祝った。126型の300SEに乗る櫛部真宏さんは35万㎞。

30万㎞以上の人をみんなで祝った。126型の300SEに乗る櫛部真宏さんは35万㎞。

30万㎞以上の人をみんなで祝った。126型の300SEに乗る櫛部真宏さんは35万㎞。

30万㎞以上の人をみんなで祝った。126型の300SEに乗る櫛部真宏さんは35万㎞。

30万㎞以上の人をみんなで祝った。126型の300SEに乗る櫛部真宏さんは35万㎞。

30万㎞以上の人をみんなで祝った。126型の300SEに乗る櫛部真宏さんは35万㎞。

30万㎞以上の人をみんなで祝った。126型の300SEに乗る櫛部真宏さんは35万㎞。

30万㎞以上の人をみんなで祝った。126型の300SEに乗る櫛部真宏さんは35万㎞。

名古屋から参加の河田辰靖さんが乗る124型のE320ワゴンは40万㎞。

名古屋から参加の河田辰靖さんが乗る124型のE320ワゴンは40万㎞。

参加者のなかでの最長を誇る石原成浩さんのC200は45万5145㎞。こういう人たちがいると、本当に励みになる。おめでとう!

参加者のなかでの最長を誇る石原成浩さんのC200は45万5145㎞。こういう人たちがいると、本当に励みになる。おめでとう!

今回のイベントの幹事役を引き受けてくれたのはE280ワゴン(1995)に乗る間島満雄さん。当日の受付から垂れ幕製作まで八面六臂の活躍でした。そのほか、駐車場での誘導や配車位置を決めるためにチョークで線を引いてくれた人など、参加者の協力があって実現できたイベントだった。本当にありがとうございます。

今回のイベントの幹事役を引き受けてくれたのはE280ワゴン(1995)に乗る間島満雄さん。当日の受付から垂れ幕製作まで八面六臂の活躍でした。そのほか、駐車場での誘導や配車位置を決めるためにチョークで線を引いてくれた人など、参加者の協力があって実現できたイベントだった。本当にありがとうございます。

44号車も花束をもらった。編集者冥利に尽きる。感涙。

44号車も花束をもらった。編集者冥利に尽きる。感涙。

10年以上連載が続くENGINEの長期レポート車、1992年型メルセデス・ベンツ300TEが走行距離30万㎞を突破。2019年9月8日(日)、その30万㎞突破記念イベントがついにその日を迎え、箱根ターンパイクの大観山を目指す。

10年以上連載が続くENGINEの長期レポート車、1992年型メルセデス・ベンツ300TEが走行距離30万㎞を突破。2019年9月8日(日)、その30万㎞突破記念イベントがついにその日を迎え、箱根ターンパイクの大観山を目指す。

箱根ターンパイクの大観山ビューラウンジに集合したちょっと古いメルセデス・ベンツたち。参加者70人と朝礼を行った。走って楽しく、大勢が集まる場所がある箱根ターンパイクは、こうしたイベントにうってつけだ。隊列が進む姿はまさに圧巻。対向車は驚いていた。

箱根ターンパイクの大観山ビューラウンジに集合したちょっと古いメルセデス・ベンツたち。参加者70人と朝礼を行った。走って楽しく、大勢が集まる場所がある箱根ターンパイクは、こうしたイベントにうってつけだ。隊列が進む姿はまさに圧巻。対向車は驚いていた。

箱根ターンパイクの大観山ビューラウンジに集合したちょっと古いメルセデス・ベンツたち。参加者70人と朝礼を行った。走って楽しく、大勢が集まる場所がある箱根ターンパイクは、こうしたイベントにうってつけだ。隊列が進む姿はまさに圧巻。対向車は驚いていた。

箱根ターンパイクの大観山ビューラウンジに集合したちょっと古いメルセデス・ベンツたち。参加者70人と朝礼を行った。走って楽しく、大勢が集まる場所がある箱根ターンパイクは、こうしたイベントにうってつけだ。隊列が進む姿はまさに圧巻。対向車は驚いていた。

参加者の受付を行い、コーヒーを飲んだあとはみんなで伊豆高原にある東急ハーヴェストクラブ天城高原を目指す。

参加者の受付を行い、コーヒーを飲んだあとはみんなで伊豆高原にある東急ハーヴェストクラブ天城高原を目指す。

参加者の受付を行い、コーヒーを飲んだあとはみんなで伊豆高原にある東急ハーヴェストクラブ天城高原を目指す。

参加者の受付を行い、コーヒーを飲んだあとはみんなで伊豆高原にある東急ハーヴェストクラブ天城高原を目指す。

参加者の受付を行い、コーヒーを飲んだあとはみんなで伊豆高原にある東急ハーヴェストクラブ天城高原を目指す。

参加者の受付を行い、コーヒーを飲んだあとはみんなで伊豆高原にある東急ハーヴェストクラブ天城高原を目指す。

参加者の受付を行い、コーヒーを飲んだあとはみんなで伊豆高原にある東急ハーヴェストクラブ天城高原を目指す。

参加者の受付を行い、コーヒーを飲んだあとはみんなで伊豆高原にある東急ハーヴェストクラブ天城高原を目指す。

大観山駐車場の一角を埋め尽くしたちょっと古いメルセデス・ベンツは全部で48台!

大観山駐車場の一角を埋め尽くしたちょっと古いメルセデス・ベンツは全部で48台!

みんなでランチを取ったあとは、30万㎞以上走行している参加者の表彰を行った。

みんなでランチを取ったあとは、30万㎞以上走行している参加者の表彰を行った。

参加者のなかでの最長を誇る石原成浩さんのC200は45万5145㎞。こういう人たちがいると、本当に励みになる。おめでとう!

参加者のなかでの最長を誇る石原成浩さんのC200は45万5145㎞。こういう人たちがいると、本当に励みになる。おめでとう!

名古屋から参加の河田辰靖さんが乗る124型のE320ワゴンは40万㎞。

名古屋から参加の河田辰靖さんが乗る124型のE320ワゴンは40万㎞。

参加者のなかでの最長を誇る石原成浩さんのC200は45万5145㎞。こういう人たちがいると、本当に励みになる。おめでとう!

参加者のなかでの最長を誇る石原成浩さんのC200は45万5145㎞。こういう人たちがいると、本当に励みになる。おめでとう!

今回のイベントの幹事役を引き受けてくれたのはE280ワゴン(1995)に乗る間島満雄さん。当日の受付から垂れ幕製作まで八面六臂の活躍でした。そのほか、駐車場での誘導や配車位置を決めるためにチョークで線を引いてくれた人など、参加者の協力があって実現できたイベントだった。本当にありがとうございます。

今回のイベントの幹事役を引き受けてくれたのはE280ワゴン(1995)に乗る間島満雄さん。当日の受付から垂れ幕製作まで八面六臂の活躍でした。そのほか、駐車場での誘導や配車位置を決めるためにチョークで線を引いてくれた人など、参加者の協力があって実現できたイベントだった。本当にありがとうございます。

44号車も花束をもらった。編集者冥利に尽きる。感涙。

44号車も花束をもらった。編集者冥利に尽きる。感涙。

CAR 2020.1.1 

【試乗記】メルセデス・ベンツ300TE(1992)との日々♯01 祝30万㎞突破記念走行会!!

この記事の本文を読む

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ