【7月10日 AFP】自転車ロードレース、ツール・ド・フランス(2024 Tour de France)は9日、第10ステージ(オルレアン~サンタマンモンロン、187.3キロメートル)が行われ、アルペシン・ドゥクーニンク(Alpecin–Deceuninck)のジャスパー・フィリプセン(Jasper Philipsen、ベルギー)が区間優勝を果たした。

 前日に今大会最初の休養日を挟んで迎えた今ステージは、逃げが出ずにスローペースの展開となり、迎えたゴール前の集団スプリントを昨季ポイント賞を獲得したフィリプセンが制した。

 アンテルマルシェ・ワンティ(Intermarche Wanty)のビニアム・ギルマイ(Biniam Girmay、エリトリア)が区間2位に入った。

 総合首位に立つUTE(UAE TEAM EMIRATES)のタデイ・ポガチャル(Tadej Pogacar、スロベニア)は、スダール・クイックステップ(Soudal Quick-Step)のレムコ・エベネプール(Remco Evenepoel、ベルギー)との33秒差を維持。同3位にはチーム・ビスマ・リースアバイク(Team Visma | Lease a Bike)の前回王者ヨナス・ヴィンゲゴー(Jonas Vingegaard、デンマーク)が1分15秒差で続いている。(c)AFP