【6月25日 AFP】フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)の伝説的ドライバー、ミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)氏(55)の家族を恐喝した疑いで、親子の男2人が逮捕されたと、ドイツ検察が24日に公表した。

 独西部ブッパータール(Wuppertal)の検察によると、容疑者はシューマッハ家の代理人に接触して「公開されたくないと思われる」ファイルを入手したとして、「オンラインでの公開を阻止したければ数百万ユーロを支払うよう要求した」とされている。また、機密文書にアクセスした証拠として、一家に「個別のファイル」を転送していたという。

 現役時代にF1で通算7度の年間優勝を誇ったシューマッハ氏は、2013年に仏アルプス(French Alps)でのスキー中に頭部に重傷を負って以降、公の場に姿を現しておらず、現在はスイスの自宅で看護を受けている。

 今回の事件について、ドイツの捜査当局にはスイス当局から情報がもたらされていた。

 別件で執行猶予中だった容疑者親子は、今月19日にフランクフルト南部のグロースゲーラウ(Gross-Gerau)にあるスーパーマーケットの駐車場で逮捕された。当局は容疑者の自宅など8か所を家宅捜索し、「複数のデータ記憶装置」を押収。有罪が確定すれば、最長で禁錮5年が科されると述べた。

 シューマッハ家は先月、人工知能(AI)を使って同氏の偽インタビューを作成した独タブロイド誌との訴訟に勝訴した。(c)AFP