【6月24日 AFP】24F1第10戦スペインGP(Spanish Grand Prix 2024)は23日、決勝が行われ、レッドブル(Red Bull)の王者マックス・フェルスタッペン(Max Verstappen)が優勝。序盤の動きと「積極的な戦略」が決定打となってポールポジションから出たマクラーレン(McLaren)のランド・ノリス(Lando Norris)を退け、総合リードをさらに拡大した。

 メルセデスAMG(Mercedes AMG)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)が3位に入り、昨季のメキシコシティGP(Mexico City Grand Prix 2023)以来となる表彰台に上がった。メルセデスのもう1台ジョージ・ラッセル(George Russell)が4位に入った。

 フェルスタッペンはこれで大会3連覇を達成。過去2シーズンと比べれば接戦だったが、重要な場面で勝ち筋を見つけ出すのは常にフェルスタッペンに見える。今季7勝目、キャリア通算61勝目を挙げ、2016年に18歳で初優勝したスペインGPでは通算4勝目となった。

 レースは4番手から出たラッセルが抜群のスタートを見せ、長いストレートの先の第1コーナーで先頭に立ち、これにフェルスタッペン、ノリス、ハミルトンの順で続いた。しかしその2周後、フェルスタッペンは優勝につながる美しいオーバーテークでラッセルを抜き返して1秒以上の差をつけると、そのままトップを守り切った。

 RBの角田裕毅(Yuki Tsunoda)は19位に終わった。

 レッドブルのホームレースとなる次週のオーストリアGP(Austrian Grand Prix 2024)を前に、フェルスタッペンは総合順位で2位のノリスに69ポイント差をつけている。今大会でファステストラップも獲得したノリスは、5位だったフェラーリ(Ferrari)のシャルル・ルクレール(Charles Leclerc)と2ポイント差の2位に浮上した。(c)AFP/Nick REEVES