【6月22日 AFP】インドネシアの東ジャワ(East Java)州プロボリンゴ(Probolinggo)で22日、何世紀も続く宗教儀式「カサダの祭り(Yadnya Kasada)」が行われた。

 祭りでは地元テンガル(Tengger)の人々が活火山ブロモ(Bromo)山に登り、幸運を願って火口にヤギやニワトリ、野菜や果物、米などの供物を投げ入れた。


 火口付近ではテンガル以外の村民が、投げ込まれた供物をキャッチしようと、網を手にして待ち構える姿も見られた。(c)AFP