【6月19日 AFP】米西部ネバダ州の砂漠に、きらきらと光る謎の「モノリス」が出現した。ラスベガス(Las Vegas)警察は17日、「モノリス」の画像をX(旧ツイッター)に投稿し、「われわれは奇妙なものをたくさん目にするが、これもそうだ!」と書き添えた。

 警察は先週末、市街から北へ1時間ほどのハイキング・エリアで捜索救助活動中に「モノリス」を発見したという。

「モノリス」は2020年ごろから北米や欧州を中心とする世界各地に出現し、インターネットで話題になっている。

 最初の一つは世界が新型コロナウイルスの流行に見舞われていた頃、米ユタ州の砂漠に登場。世界中のメディアの注目を集めた。その物体は、スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)監督のSF映画『2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)』で、人類の進化を飛躍させるきっかけとなった「モノリス」との類似性を指摘する声も多かった。

 その後、オランダ、ポーランド、ルーマニア、カナダ、英国でも似た物体の目撃情報があり、それらを追跡するウェブサイトが開設された。

 ネバダ州で発見された物体について、警察の投稿を見たあるユーザーは「明らかに宇宙人のものだ!」と反応した。別のユーザーは「割ってみよう。中にお宝が入っているかもしれない」と投稿した。

 中には「いつまでこんなことを繰り返すつもりなのか?」「ごみを撤去し、捨てた人物を見つけて罰金を科すべきだ」と批判する投稿もあった。(c)AFP