【6月18日 AFP】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は18日、北朝鮮訪問を控え、同国はウクライナでの「特別軍事作戦」でロシアに「確固たる支援」を提供してくれていると謝意を表した。北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)が、プーチン氏が寄せた文書中の発言として報じた。

 プーチン氏は文書で、「ウクライナにおけるロシアの特別軍事作戦に対し北朝鮮が確固たる支援を提供してくれていることに非常に感謝している」と述べた。

 さらに、ロシアと北朝鮮は現在、「共通の路線・立場」で国連(UN)に臨むなど、「多面的な協力関係を積極的に打ち出している」と持ち上げた。

 ロシアの国営通信社はユーリー・ウシャコフ(Yuri Ushakov)大統領補佐官(外交担当)のコメントとして、プーチン氏と金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong Un)朝鮮労働党総書記は今後の協力方針や「安全保障面での課題」を盛り込んだ「包括的戦略パートナーシップ条約」など、複数の「重要文書」に調印する見通しだと伝えている。

 プーチン氏は18日夜、北朝鮮を訪れる予定。同氏の訪朝は2000年以来となる。昨年には金氏が鉄路でロシアを訪問し、プーチン氏と会談した。(c)AFP