【6月18日 AFP】フィリピン政府は17日、同国が実効支配する南シナ海(South China Sea)のアユンギン礁(セカンド・トーマス礁、Second Thomas Shoal)付近で同国の船に中国船が衝突し、損害を与えたと非難した。

 南シナ海に配備されている部隊「西フィリピン海タスクフォース(NTF-WPS)」は、「人民解放軍海軍と中国海警局、海上民兵の船舶がぶつかってきたり引っ張ったりと危険な行動をした」と説明。「わが国の船の乗員の命が危険にさらされ、船も損傷した」としている。

 これに先立ち、中国海警局も、南沙諸島(スプラトリー諸島、Spratly Islands)の近海で同日、「フィリピンの補給船が中国側の厳重な警告を数度にわたり無視した」後、中国船に衝突したと発表していた。(c)AFP