【6月11日 AFP】タイの首都バンコクで人気のウイークエンドマーケット、チャトチャック(Chatuchak)に隣接するペット市場で11日早朝、火災が発生し、警察発表によると100店以上が被害を受けた。死傷者の報告はないが、ケージに入った犬、猫、鳥、ヘビなどの死がいが確認された。

 捜査関係者によると、火災は11日午前4時(日本時間同午前6時)頃、チャトゥチャック市場に隣接するペット市場の観賞魚ゾーンから発生したとみられ、約1300平方メートル、100店以上の露店に延焼した。火は午前6時までに消し止められた。原因は調査中だという。

 地元メディアは動物数百匹が死んだと報じているが、警察関係者は個体数については確認できていないと述べた

 バンコクのチャッチャート・シッティパン(Chadchart Sittipunt)都知事は現場を訪れ、被害を受けた店主を支援するために、生き残った動物の引き取りを人々に呼び掛けた。(c)AFP