動物訓練士のカン・ヒョンウク氏(c)news1
動物訓練士のカン・ヒョンウク氏(c)news1

【05月23日 KOREA WAVE】韓国のドッグトレーナーで「犬統領」といわれるカン・ヒョンウク氏が設立した「ボドゥムカンパニー」が揺れている。全職員が書いた否定的な会社レビューが拡散して騒ぎになり、カン・ヒョンウク氏のユーチューブチャンネルコメントでも全職員による赤裸々な暴露が相次いだ。

元職員のA氏は20日、カン・ヒョンウク氏のユーチューブチャンネルで、長文のコメントを書き込んだ。

A氏はカン・ヒョンウク氏について「男女を問わず乱暴に働かせた。特に男性は雑に扱った」と振り返り、「休みの日にやたらにお使いをさせたり、猛暑や大雪の日に重労働を指示したり、保護者の面前で侮辱したりした。こんな文章を書く私は今、心臓がドキドキしている。知らない人には想像できないだろう」とつづった。

さらに、A氏は「カン・ヒョンウク氏が、賃金の問題に絡んで、ある退職者が労働当局に申告したことを明かし、この人物を大声で罵倒した。これを聞いた職員たちはひどく怖がり、申告すら容易ではなくなった」とした。

A氏は「代表はすべての職員に無礼だった。50~60代の職員に対しても配慮がなかった」と書いた。

(c)news1/KOREA WAVE/AFPBB News