ウィミートモビリティの「SusHi Tech Tokyo 2024」展示ブース(c)MONEYTODAY
ウィミートモビリティの「SusHi Tech Tokyo 2024」展示ブース(c)MONEYTODAY

【05月22日 KOREA WAVE】「ソウル市の下水道運営の最適化事例に興味を持った東京都下水道局が昨日、今日と相次いで訪れました。下水道浄化設備の電力使用量減のためのPoC(技術検証)を提案して進めることにしました」(韓国AI専門企業「ティルタ」のチョン・ジリャン代表)

「NTTドコモ、NTTデータにクラウドのセキュリティソリューション供給のための協議を近いうちに開始するようです」(情報セキュリティ専門企業「キュービットセキュリティ」のシン・スンミン代表)

アジア最大規模のスタートアップ展示・コンファレンス「SusHi Tech Tokyo 2024」が16日、幕を下ろした東京・お台場にある国際展示場ビッグサイト。GDIN(グローバルデジタル革新ネットワーク)のために遠征してきた韓国スタートアップ10社は、今回のイベントで日本の建設・通信・医療分野代表企業とのPoC(技術検証)協力をはじめ、製品・サービス拡大と後続の投資誘致など、少なからぬ成果を上げた。

プロップテック(PropTech)スタートアップ「チャンソフトアイエヌアイ(CHANGSOFT I&I)」経営本部ソリューション事業チーム長のキム・ヒョンスク氏は「日本の大手建設会社である清水建設とPoCを推進することにし、来週、具体的な議論のために追加でミーティングを開く」と話した。キュービットセキュリティはNTTドコモ、NTTデータの従業員を対象に、自社のセキュリティソリューションをデモンストレーションし、本格的にサービス供給のための議論に入った。

キュビットセキュリティのシン・スンミン代表は「日本が『マイナンバーカード』制度を施行して5年目になり、ハッキング問題に非常に敏感になっている」という印象を持った。

SaaS(サービス型ソフトウェア)、クラウドベースで開発して、従来のハードウェア製品より構築期間が短く、費用が安い▽ウェブファイアウォール、ホストセキュリティなど二重三重の統合セキュリティを実施する――という点を強調したところ、大きな関心が示されたという。

AIベースのバイオプリンターと長期再生プラットフォームを公開した「ロキットヘルスケア(ROKIT Healthcare)」は、日本の再生医療企業と再生医療部分で協力体系を構築することにした。

キム・ジェユン社長は「従来の糖尿病、退行性関節炎の治療法は、悪化を少し遅らせる方式だった。これに対し、我々の技術なら根本から治すオーダーメード型治療が可能だ。この点で日本の医療界関係者たちが大きな関心を示した。日本はすでに超高齢化社会に入り、慢性疾患の危険度が年々高まっており、かなりの需要が予想される」とみる。

ロケットヘルスケアのAI基盤バイオプリンター(c)MONEYTODAY
ロケットヘルスケアのAI基盤バイオプリンター(c)MONEYTODAY

心理ケアプラットフォームと心理相談チャットボットを開発した「D2モーション(D2EMOTION)」は、完成車の販売台数で世界2位のフォルクスワーゲングループと「自動運転車用の幼児心理治療サービス」導入のための研究を提案した。

キム・グァンス代表は「フォルクスワーゲン新規事業開発担当者は、無人自動車時代に本格進入した時、子どもたちが不安を感じる可能性があるため、これを解消するコンテンツが必要だと指摘した。関連する新規事業の開発を議論する」と話した。

このほか、旅行コマースショートプラットフォーム「ビブ」を運営する「ビデオモンスター」は、電通とコンテンツ供給のための協議を進めることにし、物流デジタル転換ソリューション専門「ウィミートモビリティ(Wemeet Mobility)」は三菱電機、みずほ銀行などと相次いで接触し、後続投資に対する期待を膨らませた。

また、店舗自動化AI企業「ファインダーズAI(Fainders.AI)」は多国籍製薬会社のロシェ日本支社と在庫や入出金管理のための無人ソリューション導入検討に入り、スマートシティ用災害安全製品・サービスを公開した「シャフーンゴット(SCHAFFENGOTT)」は、日本のトップクラスのインシュアテック(保険技術)企業との製品供給協議に着手した。

(c)MONEYTODAY
(c)MONEYTODAY

GDINのキム・ジョンガプ代表は15日、SusHi Tech Tokyo 2024開催記念VIP晩餐会場で、東京都の小池百合子知事に面会し、「韓日スタートアップコラボレーションを通じた海外進出プログラム」「韓国人留学生のための創業支援プログラム」を提案し、前向きな回答を得たという。

SusHi Tech Tokyo 2024開催記念VIP晩餐会で小池百合子東京都知事(左)、キム・ジョンガプGDIN代表取締役がコラボに対する対話を交わした=GDIN(c)MONEYTODAY
SusHi Tech Tokyo 2024開催記念VIP晩餐会で小池百合子東京都知事(左)、キム・ジョンガプGDIN代表取締役がコラボに対する対話を交わした=GDIN(c)MONEYTODAY

SusHi Tech Tokyo 2024の主要イベントである「SusHi Tech Tokyo 2024チャレンジ」では507社が熱い競争を繰り広げた。そんな中、最終日の決選で日本のスタートアップ「ファーメンステーション(FERMENSTATION)」が優勝を収め、1000万円の賞金を獲得した。同社はバイオマスや酵素・微生物のビッグデータをもとに発酵残余物から化粧品、家畜飼料などに作る技術を持つ。

(c)MONEYTODAY
(c)MONEYTODAY

この大会のパートナーとして参加したGDINは、決選進出チーム7社のうち廃棄物管理サービスを提供するマレーシア企業Entomal Biotch Sdn Bhdに「スペシャル企業賞」を授与した。GDINのチャン・ソクジン本部長は「技術力だけでなく韓国企業とも緊密なパートナーシップを維持し、共に成長しているという点で高い点数を与えた」と述べた。

(c)MONEYTODAY/KOREA WAVE/AFPBB News