【5月20日 AFP】23-24イングランド・プレミアリーグは19日、第38節の試合が行われ、マンチェスター・シティ(Manchester City)は3‐1でウェストハム(West Ham)を下し、イングランドのトップリーグでは史上初となる4連覇を果たした。

 シティはフィル・フォーデン(Phil Foden)が開始79秒弾を決めるなど序盤に2ゴールを挙げ、期待に満ちたエティハド・スタジアム(Etihad Stadium)で勝利への足場を築いた。

 その後モハメド・クドゥス(Mohammed Kudus)のオーバーヘッドシュートで点差を詰められたものの、59分にロドリゴ(Rodrigo Hernandez Cascante)が追加点を決め、タイトル獲得を決定づけた。

 一方、2003‐04シーズン以来優勝から遠ざかっているアーセナル(Arsenal)は2‐1でエバートン(Everton)に逆転勝利したものの、シティの勝ち点に2及ばず2季連続の2位に終わった。

 シティは今季後半戦に壮絶な追い上げを見せ、昨年12月のアストン・ビラ(Aston Villa)戦での黒星以降は19勝4分けとしていた。

 リバプール(Liverpool FC)やマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)が達成した3連覇を塗り替える偉業を果たしたシティは、過去7シーズンで6度の優勝を果たしている。

 その他今季最終節では、ルートン・タウン(Luton Town)が2‐4でフラム(Fulham)に敗れて2部降格が決定。来季はバーンリーFC(Burnley FC)、シェフィールド・ユナイテッド(Sheffield United)とともにチャンピオンシップリーグを戦うことになる。

 トッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)はシェフィールド・ユナイテッドを3‐0で退けて5位を確定させ、来季のヨーロッパリーグ(UEFA Europa League 2024-2)出場権を獲得。2‐1でボーンマス(AFC Bournemouth)に勝利したチェルシー(Chelsea)は、6位に入った。

 一方、7位ニューカッスル・ユナイテッド(Newcastle United)が4‐2でブレントフォード(Brentford FC)に勝利したことで、マンチェスター・ユナイテッドは1990‐91シーズン以降では最低の8位に終わった。

 ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC(Brighton & Hove Albion FC)に2‐0で勝利したユナイテッドは、来週行われるシティとのFAカップ(FA Cup 2023-24)決勝で、悲惨なシーズンながらもタイトルを獲得するチャンスを手にしている。しかしながら仮に敗れた場合、来季は欧州大会出場を逃すことになる。

 リバプールは2‐0でウォルバーハンプトン・ワンダラーズ(Wolverhampton Wanderers)を下し、ユルゲン・クロップ(Jurgen Klopp)監督の最終戦を白星で飾った。(c)AFP