【5月19日 AFP】インドネシア北マルク(North Maluku)州ハルマヘラ(Halmahera)島のイブ山(Mount Ibu)で噴火が続いており、17日時点で周辺住民数百人が避難した。

 イブ山の噴火は11日に始まった。噴煙が立ち上っており、18日には噴火に伴う「火山雷」も確認された。

 16日に警戒レベルが最高のレベル4に引き上げられたのを受け、同日夜から周辺の7村で住民が避難を始めた。

 映像は17日撮影。(c)AFP