【5月18日 AFP】男子ゴルフのメジャー第2戦、第106回全米プロゴルフ選手権(2024 PGA Championship)は17日、米ケンタッキー州ルイビル(Louisville)のバルハラGC(Valhalla Golf Club、パー71)で2日目が行われ、松山英樹(Hideki Matsuyama)は6アンダー「65」で通算7アンダーとし、暫定11位タイに浮上した。

 久常涼(Ryo Hisatsune)も3アンダー「68」で通算3アンダーに伸ばし、暫定41位タイにつけた。

 金谷拓実(Takumi Kanaya)は「69」で回り通算2オーバーの暫定100位タイ、中島啓太(Keita Nakajima)は「75」をたたいて通算4オーバーの暫定116位タイとなり、予選落ちが確実となった。

 前日にメジャー最少タイの「62」をマークしたザンダー・シャウフェレ(Xander Schauffele、米国)が、この日も「68」とスコアを伸ばして通算12アンダーとし、コリン・モリカワ(Collin Morikawa、米国)と1打差の暫定首位を守った。(c)AFP