【5月18日 AFP】男子ゴルフ世界ランキング1位のスコッティ・シェフラー(Scottie Scheffler、米国)が17日、今季メジャー第2戦の全米プロゴルフ選手権(2024 PGA Championship)の会場の外で交通規制を避けようとした際に車で警官を引きずるなどしたとして、一時拘束された。

 逮捕されたシェフラーはオレンジのジャンプスーツを着て「マグショット(逮捕時などの顔写真)」を撮影した後、釈放された。大会2日目のプレーには間に合い、5アンダー「66」を記録して通算9アンダーの4位タイに浮上した。

 ラウンド後には「まだ頭が少しグルグルしている感じだが、戻ってプレーすることができたのは幸運だった」と述べた。事件については「具体的なコメントはできないが、とにかく大きな誤解があっただけで、かなり早く解決できると思う」と話した。

 事件当時の心境については「控えめに言ってもかなり動揺していた」と明かし、「ショックと恐怖で震えていた。きょうプレーするのはかなり大変だったがベストを尽くした」「落ち着くまで数ホールはかかったかもしれない」と振り返った。

 米ケンタッキー州ルイビル(Louisville)にある大会会場のバルハラGC(Valhalla Golf Club)では、入口で歩行者1人が死亡する事故があり、シェフラーは事故に伴う交通規制を回避しようとして縁石に乗り上げ、身柄を拘束された。米スポーツ専門チャンネルESPNが入手した警察の報告書によると、逮捕した警官はシェフラーが停止の指示に従わず、加速して警官を地面に引きずったと話している。

 シェフラーは警官への重暴行や器物損壊、無謀運転、交通整理の警官からの指示を無視した容疑などで訴追された。シェフラーは「指示を無視するつもりは決してなかった」と主張している。(c)AFP/Jim SLATER