【5月16日 Xinhua News】中国外交部の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は15日の記者会見で、フィリピンの民間人約200人が同日に海上権益を守るため漁船5隻に乗り黄岩島周辺海域に向かったとの質問に対し、中国は法に基づき対抗措置を取ると表明した。

 汪氏は次のように述べた。黄岩島は中国固有の領土であり、中国は黄岩島とその付近の海域に争う余地のない主権を有している。中国は2016年、フィリピンの少数の小型漁船が黄岩島付近海域での正常な漁業活動を行うことを善意によって認め、法に基づきフィリピン漁民の活動を監督管理している。フィリピンが中国の善意を悪用するなら、中国は法に基づき権利を守り、対抗措置を取る。責任と結果は完全にフィリピンが負うことになる。(c)Xinhua News/AFPBB News