問題となった済州島の焼肉店で販売した「脂身」黒豚=オンラインコミュニティキャプチャー(c)MONEYTODAY
問題となった済州島の焼肉店で販売した「脂身」黒豚=オンラインコミュニティキャプチャー(c)MONEYTODAY

【05月14日 KOREA WAVE】韓国・済州(チェジュ)で起きた「脂身だらけのムギョプサル」騒動で現地の外食産業に対する否定的イメージが拡散する中、済州道のサムギョプサル価格が全国で最も高いことがわかった。

行政安全省の外食費価格情報によると、最新の統計である3月現在、済州道のサムギョプサル1人前の平均価格は1万7000ウォン(1ウォン=約0.11円)に達した。

全国の市・道のうち次に高いソウルは1万6615ウォン。最も安かったのは蔚山市(ウルサンシ)の1万ウォンだった。

済州道はカルグクス(麺料理)1人前の平均価格も9750ウォン全国最高。2位はソウルの9115ウォン、3位は京畿道(キョンギド)の9069ウォンだった。

済州道は島しょ地域のため物流費がかかるうえ、観光地である特性上物価が高くならざるを得ない。

ただ、特に高いのはサムギョプサルとカルグクスで、これ以外の物価は概してソウルよりは低く、全国平均よりは高い水準だった。

(c)MONEYTODAY/KOREA WAVE/AFPBB News