詐欺被害者たちが警察に通報し、受け取った携帯メールをグループチャットルームに共有した=情報提供者提供(c)news1
詐欺被害者たちが警察に通報し、受け取った携帯メールをグループチャットルームに共有した=情報提供者提供(c)news1

【04月01日 KOREA WAVE】中古ナラ、稲妻市場サイトなどで、韓流スターのグッズや、スポーツ用品を買おうと支払いを済ませたのに、出品者が行方をくらましたという詐欺被害の通報が、韓国の40カ所以上の警察署に受け付けられ、捜査に着手した。

3月初めから28日まで、グループチャットルームに集まった被害者だけで700人余り、少なくとも10万ウォン台から多くは4000万ウォンまで被害を受けたという。被害額は少なくとも4億4000万ウォン(1ウォン=約0.11円)。

被害者によると、出品者は韓流グループ「SEVENTEEN」や歌手ナ・フナ(羅勲児)ら有名芸能人のファングッズや、ゴルフ・サッカーのようなスポーツ用品などを取引しようと持ち掛け、口座に入金させた後、行方をくらますという手法という。

被害者らが支払い前、出品者の本人確認を求めたところ、身分証を見せるなどしており、信じ切っていたという。被害者同士で事例を収集した結果、提示されたのは偽造された身分証だったことも判明した。

出品者はグループの可能性がある。カカオバンクなど10余りの銀行で口座を数十個ずつ開設し、一つの口座が「詐欺口座」として登録されれば他の口座に切り替える手口だったという。被害者が収集した口座だけで317、名義は43に達した。

(c)news1/KOREA WAVE/AFPBB News