【1⽉30⽇ Peopleʼs Daily】中国の習近平(Xi Jinping)国家主席は2024年の新年の辞で、中国人が収めた成果を総括し、引き続き奮闘して中国式現代化を推進し、人類運命共同体の構築を推進し、より素晴らしい世界を建設するよう激励した。国際社会は活気にあふれ勇敢に前進する中国を改めて見た。

 中国の経済の力強さを示す例としては造船業界がある。中国の造船会社の2023年の新造船受注量は全世界の59パーセントを占め、3年連続で世界第1位だった。また、2023年の中国の自動車生産・販売台数はいずれも3000万台を上回り、新エネルギー車の生産・販売台数はそれぞれ900万台を超え、自動車輸出は490万台を突破した。

 中国は2024年、あらゆる面でさらに勇気づけられるだろう。中国初の国産大型クルーズ船が1月1日に商業就航し、中国が開発した大型旅客機のC919は商業運航を続けており、中国の宇宙ステーション内では乗組員が順調にミッションを進行中だ。国産携帯電話は入手が困難なほどの人気だ。新エネルギー車、リチウム電池、太陽光発電製品が中国の製造業に新たな明るい光をもたらした。

 習主席は新年の辞で「中国は自らを強くする精神で力強く高みに登る。至る所で日進月歩の創造が行われている」と述べた。中国は科学教育による国家振興戦略、人材強国戦略、イノベーション駆動型の発展戦略により高水準の科学技術の自立を実現し、発展の新たな道を切り開いていく。ロシアの政治評論家のドミトリ・コシレフ(Dmitry Kosyrev)氏は、「中国は今や、未来の重要な産業界のほぼ全てで世界のリーダーになった」と述べた。

 1月1日には中国とニカラグアの自由貿易協定が発効した。また、ニュージーランドの全ての乳製品が免税で対中輸出できるようになったことは、両国の自由貿易協定で取り決められた関税撤廃が完了したことを意味する。中国は2024年も引き続き高水準の開放を拡大し、自国の新たな発展で世界に新たなチャンスを提供する。

 第78回国連総会(UN General Assembly)は、春節(旧正月、Lunar New Year)を国連の休日とする決議を全会一致で採択し、中華文明の伝播力と影響力を十分に示した。中国は2024年に異なる文明の交流と相互参照、調和と共存、ウィンウィンを引き続き推進し、各国の人々の相互理解と親睦、手を携えての前進を促進する。中国は2023年、ホンジュラスと外交関係を樹立し、十数か国とパートナーシップを構築または増強した。中国は2024年、各国と手を携えて引き続き天下の大道を歩み、人類の素晴らしい未来を共に創造していく。

 中国式現代化は平和的発展の道を歩む現代化であり、中国人民に幸福をもたらすだけでなく、世界各国の現代化を促進する。中国は新しい年に、自強の精神と不断の努力で引き続き力強く高みに登り、中国式現代化で人類進歩事業の新たな一章を書き、人類運命共同体の構築を推進し、より素晴らしい世界を建設するために新たな貢献をしていく。(c) Peopleʼs Daily /AFPBB News