【1月11日 Xinhua News】中国南方地域の水を北方地域に送る「南水北調」の重要な後続事業の第1弾として進められている「引江補漢」プロジェクトがこのほど、全面的な建設段階に入った。2022年7月に着工した同プロジェクトは、長江の三峡ダムエリアの水を漢江の丹江口ダム下流に送水。完成後は漢江流域の水資源配分能力を高め、「南水北調」中央ルートの北方地域への送水量を増やすことができる。水路の全長は194・7キロに達する。(c)Xinhua News/AFPBB News