【1月6日 CGTN Japanese】世界で標高が最も高い場所での最大風力発電プロジェクト、中国西部のチベット自治区那曲(ナクチュ)にあるオーマティンガ風力発電所は1日午前、正式にフル稼働を始めました。同風力発電所はチベット自治区初の100メガワット級風力発電プロジェクトでもあります。

 標高4800メートルに位置するオーマティンガ風力発電所は、単機容量4.0メガワットの風力タービンを25基備え、現在、中国で超高標高地域の最大の単機容量を持つ風力発電ユニットです。発電された電力は主にナクチュ地区に輸送されます。フル稼働によって毎年は約2億キロワット時のクリーン電力エネルギーを供給し、現地住民23万人の1年間の電力消費を賄うということです。

 中国のチベット地区は豊富なクリーンエネルギーの資源に恵まれ、風力エネルギーによる開発可能容量は1億1000万キロワットにおよび、大きな潜在力があるとみられます。(c)CGTN Japanese/AFPBB News